ク ス コ
海抜3400m
京都を思わせる落ち着いた町並み、道路、ホテル。間また、ゆっくり訪れたい気持ちにさせる街。ただし、標高は海抜3400メートルで高山病に注意が必要。
 歩いていると、有名な12画の石が見えた。12画もあるのに接している石との隙間にはかみそりの刃も入らないくらい精密に作られているのだとか。
クスコの町並みは京都を思わせる落ち着いたたたずまい  この辺りは京都の石だたみの横丁を入った町並みを思わせ、写真になる。
 クスコの標高は3400メートル余り。町は坂が多く、歩いていると息が切れる。そうだ、ここは酸素が薄くそろそろ高山病の症状に気をつけなくては。予防には深呼吸をして酸素を沢山とること。水を意識的に多く飲むこと、あめなどで糖分を補給すること、と言われてたっけ。
 ここは、もと修道院だった建物はホテルを改造したもの。この写真のように色の取り合わせがいい。
 この敷地内にはチャペルがあり、私たちのグループは貸しきりでフォルクローレ・コンサートを開いた。
 チャペルなので暗く、ろくにメンバーの顔も見えなかったが、その演奏はそれを補って余りあるものがあった。私たちが感動した一場面だった。
元修道院だった建物を改造したホテルは最高のセンス
top .