カルタゴのルーツ
フェニキア人 その略歴
遊牧で羊などの商品を運び生計をたてることはベドウィンの商業活動だった。
何らかの理由でフェニキアへ移動、その後ラクダを船に乗り換えた。船は海のラクダだったのだ。
シナイ半島にうまれ

  フェニキア人のルーツはシナイ半島からきた遊牧民(ベドウイン)だった。
豊富なレバノン杉はラクダを船に乗り換えるきっかけとなった?
  海も砂漠と同じだったのだ。
フェニキア人のルーツといわれるシナイ半島
フェニキア(現レバノン)で栄え

  フェニキアの政争を逃れたエリッサ王女はカルタゴに渡り、王に牛1頭分の土地を所望した。
  皮を切ってひもで囲んだ土地をもらって繁栄していった、という逸話が残っている。
フェニキア人の故郷・レバノン
カルタゴに滅んだ

  植民地・カルタゴで商業のみを追求したためか、ローマに滅ぼされた
  カルタゴ・ピュルサの丘=1974年発掘された玉砕の丘。現在でも焼けた跡の灰が出てくる
フェニキアの商業拠点カルタゴ跡
資料:「フェニキア人」河出書房新社、ケルハルト・ヘルム著、関楠生・訳、1976年     top .