英雄二人    −その横顔
カダフィの政策
トリポリ
 −アウレリウス門
赤壁城・博物館
サブラタ    −ローマ劇場
-
スナップ
レプティス・マグナ 全景
公共広場
バシリカ
皇帝記念門
コロシアム
スナップ
ガダメス
       -旧市街
-スナップ
クサール・ハジ、ナルート.

-食料貯蔵集合要塞
キレナイカ    −キュレネ
出土美術
アポロニア
トクラ
トルメイダ
砂漠ツアー
-アカクス岩絵

-岩に線刻画
-砂漠の表情
-砂漠の衣食住

スナップ     砂漠で
都市部で

top     SOUVENIR
サブラタのローマ劇場
北アフリカ最大
BC8〜9c、フェニキア人によって建設された港で交易拠点の一つであるサブラタ。BC146年、ポエニ戦争によりサブラタはヌミディア王国(アルジェリア)から古代ローマの支配下に移った。
  レプティス・マグナを拡大したセヴェルス帝の息子の一人がAD3c、北アフリカ最大規模といわれる劇場を建設した。
  港に建つ3階建ての5000人収容できる劇場の舞台下にはローマの劇中場面など多くのレリーフが残っている。
円形劇場の彼方ににイシス神殿が見える
高さ28メートル、舞台の奥行き7メートル、幅40メートルの規模はイタリアとユネスコにより修復に10年を要した。

舞台下のレリーフにはセヴェルス一家とローマの融合の絵が商業の神マーキュリー、3美神とアテナ、ジュノー、ミネルバが美を競う図などがある。
観覧席を抜けて外へ出て振り返ると劇場の威容が
観覧席を抜けて外へ出て振り返ると劇場の威容が
セヴェルス一家とローマの融合 3美神
舞台下にはセヴェルス一家とローマの融合 同じく舞台下の3美神(拡大)
top