英雄二人    −その横顔
カダフィの政策
トリポリ
 −アウレリウス門
赤壁城・博物館
サブラタ    −ローマ劇場
-
スナップ
レプティス・マグナ 全景
公共広場
バシリカ
皇帝記念門
コロシアム
スナップ
ガダメス
       -旧市街
-スナップ
クサール・ハジ、ナルート.

-食料貯蔵集合要塞
キレナイカ    −キュレネ
出土美術
アポロニア
トクラ
トルメイダ
砂漠ツアー
-アカクス岩絵

-岩に線刻画
-砂漠の表情
-砂漠の衣食住

スナップ     砂漠で
都市部で

top     SOUVENIR
キュレネ
サントリーニ島からの移民都市
北アフリカ最大のゼウス神殿
  エーゲ海のサントリーニ島(古・テラ島)のティーラ市民が人口増加と7年に及ぶ飢餓に苦しみ、聖地デルフォイでアポロンの神託を受け、バッコス率いる200人が渡ったのがキュレネだ。
北アフリカ最大のゼウス神殿
アクロポリス
アポロニア
 ヘロドトスの記述には「彼らは黄金に輝く美しい砂山を見た」とある。
  BC630年頃の30年後には人口2万人以上にまで増加、トクラ、トルメイダと並び、キレナイカ地方に五つあった植民都市の一つであった。
  アテネ、シラクサに次ぐアクロポロスとして栄えたゼウス神殿はギリシャ時代のものとしては北アフリカ最大だ。
  キュレネとはアポロンに見そめられた美しく強いニンフの名で、アポロンが彼女をこの地へ連れてきて結婚した、とされる。
フォーラム隣接の円形劇場
フォーラム隣接の円形劇場

top   
デメテル神殿:ペルセフォネとデメテル
デメテル神殿:ペルセフォネ(左)とデメテル各2体