古代エジプトではミイラと一緒に発見された色々なお守りがあった。
ちょっと調べて見ただけでもこんなに。
しかもデザインが面白いので並べてみた。

お守り がいっぱい!
ウシャブティ人形=死者の召し使い
ウシャプティ人形
=死者の召し使い
アンク=命の印 カルトウシュ=永遠を表す印
アンク=命の印 カルトウシュ
=永遠を表す印
スカラベ(黄金虫)=太陽に仕える ウジャト・アイ=死者を守るホルスの目
スカラベ黄金虫
=太陽に仕える
ウジャト=死者を守るホルスの目
イシス女神の結び目=実りの印 はすの花=生まれ変わりの印
イシスの結び目
=実りの印
はすの花
=生まれ変わりの印
枕=ミイラが安らかに眠るためのもの ジェドの柱=オシリス神の背骨
枕=ミイラが安らかに眠るためのもの ジェドの柱=
オシリスの背骨の印
死者が裁きを受けるため登るオシリス神への階段 ヴァスの杖=幸福の印
階段=死者が裁きを受けるためのオシリスの玉座へ ヴァスの杖
=幸福の印
二本の腕=カーを表す印 ミイラが字を書くための板
参考:「エジプトのミイラ」祐学社'79 2本の腕
=カーを表す印
ミイラが字を
書くための板
top