シンポジウム|フレンズから|フレンズ 帰国生 母の会

office2.jpg

シンポジウム

帰国生を取り巻くさまざまな問題を取り上げ、シンポジウムと講演会を開催しています。
フレンズに寄せられる相談や活動を通して、今、最も考えたいことをテーマに選んでいます。

開催記録

Doticon_red_PDF.pngファイルをクリックすると内容がご覧になれます

第4回講演会(2014年)

[海外での安全を考えるセミナー]
「まさか!」の時ではもう遅い!!
 ~海外におけるリスクと危機管理の対応策~

外務省領事局政策課 領事専門官  新保  剛氏
外務省領事局政策課 外務事務官  小川 智弘氏    

LinkIconファイル


第3回講演会(2012年)

第1部「今、知っておきたいアジア」~企業の進出に伴って~

外務省地球環境問題担当大使  堀江 正彦氏

第2部「今、伝えたい、海外でいざという時何を・・?」
                 ~赴任家族の体験から~

フレンズ 帰国生 母の会 スタッフ
LinkIconファイル


第13回シンポジウム(2009年)

「社会に巣立った帰国生」-グローバル社会で奮闘する彼ら-

LinkIconファイル


第2回講演会(2006年)

「海外赴任による家族の心のケアについて」

臨床心理士 久保田 須磨氏
LinkIconファイル


第12回シンポジウム(2005年)

「家族の風景2005」-海外体験者が感じたこと-

LinkIconファイル


第11回シンポジウム(2006年)

「異文化体験からの発信」-帰国生は何を伝えたいのか-


第1回講演会(2001年)

「海外で育つ子どもの[言葉の力]-家庭で何ができるのか-」

国立国際研究所日本語教育部門第一領域長
    文部科学省国際教育課海外子女教育専門官(併任)  
  石井 恵理子氏
LinkIconファイル


第10回シンポジウム(1999年)

「海外転勤、その時高校生は」

LinkIconファイル


第9回シンポジウム(1998年)

「帰国生と考えるこれからの学校」


第8回シンポジウム(1996年)

「非英語圏に暮らす日本の子供たち」


第7回シンポジウム(1995年)

「補習授業校に求められるもの」


第6回シンポジウム(1993年)

「日本人学校の今、そして、これから」


第5回シンポジウム(1992年)

「いま、アメリカで何が起こっているか」


第4回シンポジウム(1990年)

「帰国子女と就職」


第3回シンポジウム(1989年)

「私達にとっての海外教育とは」


第2回シンポジウム(1988年)

「異文化体験をどう生かすか」


第1回シンポジウム(1987年)

「父と子の体験から」