Hirokazu Tokugawa
 Dinosaur and Paleo animal sculptures

徳川広和 恐竜・古生物造形ギャラリーサイト

(English)

徳川 広和
Hirokazu Tokugawa
パレオアーティスト/恐竜・古生物復元造形作家


造形物としての魅力と学術的な確かさの両立を目指し、国内外の学会等にも参加し
研究者との交流を基に作品を製作しています。
また、「きしわだ恐竜教室」(きしわだ自然資料館)の立ち上げや、
各種イベント・ワークショップ企画・講演等、恐竜・古生物をより楽しむための
様々な活動も行っています。
パレオアーティストは、復元模型やイラスト、標本図等を製作する作家の欧米での呼び方。
パレオ=パレオントロジー(古生物学)・アーティストの略称です。

株式会社ActoW 代表取締役
日本古生物学会会員
古脊椎動物学会(本部アメリカ)会員
化石研究会会員
きしわだ自然資料館特別専門員


■管理・運営サイト&ブログ
・「Hirokazu Tokugawa恐竜・古生物造形作品ギャラリー」 メインサイト
・「Extinct Creatures 」恐竜・古生物をイラストと共に紹介
・「世界の恐竜博物館見聞記」これまで訪れた海外の博物館のレポートです。

■常設展示作品制作
ウプサラ大学進化博物館・大阪大学総合学術博物館・沼田町化石館・京都大学総合博物館・
葛生化石館・歌津コミュニティ図書館・丹波竜化石工房・篠山市太古の生きもの館・
埼玉県自然の博物館・長岡市立科学博物館・兵庫県立人と自然の博物館

■特別展等での作品展示
国立科学博物館・天草市立御所浦白亜紀資料館・兵庫県立人と自然の博物館・群馬県立自然史博物館・
茨城県自然博物館・宮崎県総合博物館,他

■主な講演・発表
2010年 日本古生物学会(滋賀県立琵琶湖博物館)にてポスター発表&夜間小集会発表
2013年 ひょうご国際恐竜化石シンポジウムにて講演
2014年 化石研究会(埼玉県自然の博物館)シンポジウムにて講演
2014年 化石研究会(長岡市立科学博物館)にて講演
2016年 グランフロント大阪ナレッジサロンにて講演
2016年 京都造形芸術大学・公開講座講師担当

■主なイベント企画
恐竜女子会・たんば恐竜塾・博物学ファンミーティング、他

■子供向けワークショップ・教室
各ワークショップの様子はこちら
各ワークショップの内容はこちら



■恐竜ワークショップ・講演・作品展示等のお知らせ
教室・ワークショッププログラム一覧>こちら

■関連商品・イベント企画・作品展示のお知らせ


丹波竜フィギュア・販売開始
詳細


学研「なぜ?の図鑑 恐竜」
作品掲載


恐竜 (学研の図鑑LIVE(ライブ))
原稿執筆等で参加しました。


「きょうりゅう デラックス」
発売中です>詳細


体のふしぎ・恐竜・動物編
付属解説本制作に協力しています>詳細


岐阜県博物館・ヤベオオツノジカ展示に
作品画像使用>詳細


フェバリット社・
プレヒストリックライフ・シリーズ


第6回・恐竜女子会

大阪梅田・東急ハンズ内
ハンズカフェにて
終了致しました。


2016年12月10−11日
第4回・たんば恐竜塾
詳細・申し込み等はこちら
終了致しました。


2016年9月3−4日
「恐竜を復元する〜その歴史と方法〜」
京都造形芸術大学
・大阪サテライトキャンパス夏期公開講座
申込等はこちら
終了致しました。


「世界の恐竜MAP」
恐竜・古生物イラストを担当しました。
詳細はこちら


フェバリット社
カンブリアモンスターミニモデル


NEW
ミュージアムパーク茨城県自然博物館企画展
「アンモナイト・ワールド-恐竜時代の海へいこう-」
にて作品展示中>詳細


NEW
講談社BCキッズ
「はじめてのきょうりゅうずかん」詳細


NEW
京都大学総合博物館展示用
ダーウィニウス復元模型を製作>詳細

Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod.

リンクを設定します。LinkIcon


徳川 広和
パレオアーティスト
恐竜・古生物造形作家


1973年生まれ
・きしわだ自然資料館専門員
・日本古生物学会会員
・The Society of Vertebrate Paleontology
 (古脊椎動物学会)会員
・(株)ActoW 代表取締役


 学術的な考証と立体物としての魅力が融合した作品を目指し、研究者とのディスカッションや学術論文をもとに復元模型を製作。国内だけでなく海外の古生物関連学会へ連年参加、学会での発表も経験。
「きしわだ恐竜教室」(きしわだ自然資料館)立ち上げ・講師担当他、多くの博物館・イベント等での恐竜復元画ワークショップ開催、各講演等の教育活動や、展示プランニングへの参画等、造形作品製作以外の活動も行っている。


・・・・・


科学・研究に基づいた、
そして生き物としての恐竜・古生物の
美しさを求めて
 今となっては実物を見る事の出来ない恐竜・古生物。これまでの様々な発見・研究を出来る限り参考にすると、どんな姿となって現れるのか。それを見てみたいと思い、作品を造っています。最新の研究で驚くような変化もあれば、古い研究ですでに指摘されていたにも関わらず、ほとんど模型やイラストに反映されていなかったものもあります。そういった情報を学会等で研究者の皆さんに教えて頂きながら、今出来る最高の復元が出来れば、そしてその恐竜・古生物の生物としての美しさを表現できれば、と思っています。また、私の作品を通して「復元」の面白さや、それを支える様々な研究にも興味を持って頂ければ嬉しいです。


 肩書きの一つ、「パレオアーティスト」の「パレオ」は、「古生物学(パレオントロジー)」を意味します。「パレオアーティスト」は、恐竜だけでなく、様々な古生物のイラストや造形を手掛ける作家の呼び名として使われています。




博物館展示


商業施設・個展・グループ展


書籍


発表・講演・ワークショップ


商品原型担当作品



E-mail:afragi@asahi.email.ne.jp