トップページへ

もどる

飛鳥 橘寺あたり


東門からの境内
橘寺
スケッチ 橘 寺 本 堂
聖徳太子の父用明天皇の離宮があったところで、聖徳太子生誕の地と伝えられています。 太子は大変深く仏法をご信仰になられ、自ら仏典の講義をされ注釈を加えられたのが三経義疏(さんきょうぎしょ)です。三経義疏とは『勝鬘経義疏』、『維摩経義疏』、『法華経義疏』のことです。   推古14年(606年)秋7月、当時35歳の聖徳太子は天皇の仰せにより、勝鬘経(しょうまんぎょう)というお経を3日間にわたり御講讃になりました。その時、講話をたたえるかのように、庭には大きな蓮の花が1mも降り積り、南の山には千の仏頭が現れ光明を放ち、太子の冠からは日月星の光(三光)を放ったといいます。不思議なことが起こったので、天皇は驚かれて、この地にお寺を建てるよう太子に命ぜられました。そこで離宮を改造して造られたのがこの橘寺です

橘寺から村を見る

水仙が綺麗でした

川原寺前からの橘寺

謎の「二面石」

往生院の天井画

ひつそりと佇む地蔵さん


飛 鳥 寺 の 周 辺


飛鳥寺正門

伝 板蓋の宮跡
  
不思議な石造遺跡は祭事に使われたのか

飛鳥大仏(日本最古)

飛鳥坐神社

甘樫の丘が見える通り

川原寺