もどる

平城遷都1300年記念
切手とスケツチ
左の切手シートの説明
@平城宮跡
大極殿
A春日大社
中門
B東大寺
釈迦佛立像
C西大寺
愛染明王坐像
D興福寺
天燈鬼像
E元興寺
薬師如来立像
F唐招提寺
千手観音立像
G薬師寺
日光菩薩立像
H大安寺
多聞天像
I新薬師寺
伐折羅大将像
平成22年4月23日発行
興福寺

「阿修羅像」(国宝
乾漆造 彩色 奈良時代
像高 153.4cm


 奈良平城京遷都1300年の記念を前に2009年東京上野国立博物館で大変な人気で多くの人に知られて阿修羅ブームとさえ云われましたが、
この国宝中の国宝である阿修羅像は今、興福寺の国宝館で常設で拝観できるようです。
是非奈良にお出での時は、阿修羅さんにお会いになってください。


「阿修羅」とは
 梵語(ぼんご)の音写で「生命(asu)を与える(ra)者」とされ、ペルシャなどでは大地にめぐみを与える太陽神として信仰されてきましたが、インドでは熱さを招き大地を干上がらせる太陽神として、常にインドラ(帝釈天)と戦う悪の戦闘神になります。仏教に取り入れられてからは、釈迦を守護する神と説かれるようになります。

 像は三面六臂(さんめんろっぴ)、上半身裸で条帛(じょうはく)と天衣(てんね)をかけ、胸飾りと臂釧(ひせん)や腕釧(わんせん)をつけ、裳(も)をまとい、板金剛(いたこんごう)をはいています。

奈良平城京遷都に関する切手
今年の「奈良遷都1300年」の
記念切手

復興大極殿(2010.4.23)

「大極殿と蹴鞠に桜」
地方自治法制定60周年記念切手
 2010.2.8


50年前1960年発行の
「奈良遷都1250年」の時の記念切手
芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください
************************************************************************************************************************************
 平城京跡のスケツチ
平城京跡と朱雀門
第百六景の「平城宮跡」のページへ(朱雀門を内側から)
*****************************************************************************************
2010年4月24日復元完成した「大極殿」
復興大極殿
番外三十四景のページへ

「地方自治法60周年記念」奈良県切手 大極殿正殿と桜と蹴鞠
長谷寺と牡丹 浮見堂と奈良燈花会
室生寺五重塔 吉野山の桜
切手のページへ トップページへ