庚申堂や民家の軒先に吊るされる
猿の魔よけ




奈良で一番古い町並み、世界文化遺産である元興寺を中心に明治時代からの家並みも残り室町時代から町衆と言われる人たちが築いてきた筆、墨、晒、蚊帳などの産業を受け継ぎ栄えてきた町、いつの頃からか「ならまち」と言われるようになったが「ならまち」と言う町名ではない。昨今は奈良観光の一つのポイントになっているが、私が育った頃はひっそりと奈良の人たちの静かな生活の匂いのするいわゆる下町風情の町でありましたこの「ならまち」での見所は元興寺をはじめ十輪院、庚申堂、福智院、格子の町並み今西家書院、ならまち資料館、時の資料館、奈良市音声館、など多くありますが、「ならまち」の範囲は広いので、まずはゆっくりと町並みの雰囲気を味合うために、歩いていただくことをお勧めします。
鶴福院町からの興福寺の塔
鶴福院の町並みて゜興福寺の塔が見えます

昔は漢方薬屋さんだったと思うのですが、今は民芸品土産屋さん

町並みは入り組んでいて、坂も多い

元興寺境内の石仏群

ならまちの写真数枚をスライドショーでご覧ください。
         手動 (下の⇒で写真が変わります)
 

トップページに戻る







































i2i無料WEBパーツ
無料カウンター