もどる

法隆寺と斑鳩路

スケッチと写真

夢 殿
法隆寺
 法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築として広く知られ、日本で最初の「世界遺産」として登録された、文字通りの国宝であります、その創建は「法隆寺伽藍縁起井流資材帳縁起文」によると、用明天皇が病気平癒を祈って寺と仏像を造る事を発願されたが、実現しないまま崩御され、その御意思を推古天皇と聖徳太子が推古十五年(607)に本尊「薬師如来」と法隆寺を建てられたと伝えられています。現在の法隆寺は塔、金堂などの西伽藍と夢殿を中心とした東伽藍からなり、境内の広さは18万7千uで各伽藍には国宝重文2300点に及ぶ国の宝が存在していてわが国の精神文化の原点とも言えると思います。
法隆寺の地図

南大門を入った所

中門

鏡池からの西伽藍

金堂

大宝蔵院

弁天池からの
西伽藍

金堂前

東伽藍内

五重塔

大講堂

夢殿

四脚門からの
東伽藍

聖霊院

西円堂を望む
西伽藍を写す鏡池
法隆寺から西へすぐの「藤の木古墳」
法 起 寺
法起寺 境内
法 輪 寺
中宮寺への道

芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい

トップページへ