トツプページへ

日本の巨匠
横山大観の名画「霊峰飛鶴」

1967年発行






























自動車保険ETCカード


































芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい


横山大観(よこやま たいかん)(1868〜1958)
 水戸藩藩士の息子として生まれる。日本画家の巨匠中の巨匠
府立一中(現・日比谷高校)、日本中学などを経て、東京美術学校(東京芸大)の第一期生として、岡倉天心に学ぶ。卒業後同校教諭になるが、岡倉が東京美術学校を追われると、岡倉とともに学校を去り、下村観山、菱田春草とともに日本美術院の創設に参加した。 従来の日本画が線描を重視したのに対し、線を一切省いた朦朧体と呼ばれる新しい画風を築いた。
代表作はこの「霊峰飛鶴」「無我」「瀟湘八景」「屈原」「生々流転」(重要文化財)など。輝いた栄誉には文化勲章をはじめ、名誉都民、名誉台東区民、名誉茨城県民などがある。