もどる

切手で見る名画

切手で見る名画 モーリス ユトリロ

モーリス ユトリロ

フランス (1883-1955)

「白の時代」の名画と切手
「青の時代」の名画と切手



















    古きよき時代のパリ、モンマルトルに生まれ、パリを愛したユトリロ。 父はいなく、ユトリロの母であるヴァラドンはルノワールなどのモデルを務め、芸術家たちをとりこにし、自由奔放な生活を送っていました。 重厚な絵肌とモノトーンに近い色彩でパリの街角や特に古い家壁などを好んで描き、その作品には哀愁のこもった独特の情緒が流れています。
ユトリロは生前中は大した評価もされず、ほぼ一生をモンマルトルで過ごし、酒に溺れて売り絵画家の様な絵を描いていた時代もありましたが彼のフアンは少なからず居て、後にパリ モンマルトの画家と称えられ特に日本では、あの白の時代の絵は人気がとても根強い画家となりました。

切手で見る名画の目次へ

趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください