もどる

切手で見る名画

「モネ」の名画

切手で見る名画「クロード モネ」の切手


ジヴェルニー  モネが愛した水蓮の庭園とジャポニスムの橋

ジャポニスム(フランス語: Japonisme)、
モネ」について
 印象派と言えば「モネ」の名前が浮かんできます。先ず「睡蓮」
そして「印象 日の出」「日傘の女」など印象派を確立した大きな一人
ではないでしょうか日本の影響も受け随所にジャポニズムが感じられます。
1840年パリに生まれる。5歳の時、一家でノルマンディー地方のセーヌ
河口の街ル・アーヴルに移住した。モネは少年の頃から絵画に巧みで、
十代後半の頃には自分の描いた人の由来となったことはよく知られている。
なお、一般にはパリのマルモッタン美術館所蔵の『印象、日の出』が、
この時の出品作だとされている(この作品が「印象派」という名称の
由来となる) が、これには異説もある。すなわち、マルモッタンの絵は
実は「日没」を描いたもので、第1回印象派展に出品された『印象、日の出』
は別の作品だとする見方である。物の戯画などを地元の文具店の
店先に置いてもらっていた。そうした戯画が、ル・アーヴルで活動していた
風景画家ウジェーヌ・ブーダンの目にとまり、彼らは知り合うことになる。
ブーダンはキャンバスを戸外に持ち出し、陽光の下で海や空の風景を
描いていた画家であった。ブーダンと出会ったことが、後の「光の画家」
モネの生涯の方向を決定づけたと言われている。



「睡蓮」「日本庭園など」

「日の出」


趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください

「ルノワール」の切手へ

このページの使用済み切手画像は単に私の収集切手を自分のためにコピーしたものであり、著作権を主張するものではありません。
画像は実物の大きさとは異なります