トツプページ


もう一人の巨匠
「ラファエロ」の切手


切手で見る名画
の目次へ







趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください

もどる   

切手で見る名画

「レオナルド ダ ビンチとミケランジェロ」


Leonardo Da Vinci  ( 1452〜1519)

  イタリア・ルネッサンスを代表する偉人レオナルド・ダ・ヴィンチ。言わずと知れた「万能の天才」である。出身地はイタリアのヴィンチ村。レオナルド・ダ・ヴィンチとはヴィンチ村のレオナルドという意味だそうです。彼は絵画だけではなく工学、医学、天文学、流体力学、幾何学、音楽などのに及び天体望遠鏡の設計は有名であります。彼の旺盛な好奇心は一つの事に留まっていなくて、彼の絵画の数は必ずしも多くはないが、その作品にはこの人の 才能と感性好奇心などが凝縮されているようです。

        レオナルド ダ ビンチの絵画についてのコンセプト

  • 「絵画」は物言わぬ「詩」であり、「詩」はめしいの「絵画」であって、どちらも自分の能力のなしうる限り自然を模倣してゆく。
  • 「音楽」は「絵画」の姉妹という以外に呼びようがない。だが「絵画」は「音楽」に勝りこれに君臨する。何故かならそれは、薄幸な「音楽」のように、生まれた直後に死にはしない、どころかむしろ存在し続けて、実際単なる一片の平面にすぎないものに生命を吹き込んで君に見せるのだから。
  • 「絵画」と「彫刻」との間に見いだされる相違は、彫刻家が画家より大きな肉体的努力によって制作を営むのに対して、画家はその作品をより大きな知的努力によって創るという点にすぎない。
  • 画家は万能でなければ賞賛に値しない。
  • 遠近法は「絵画」の手綱であり舵である。


Michelangelo Buonarroti   1475-1564
ミケランジェロ・ヴォナローティ


  レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロと並ぶ盛期ルネサンス  の三大巨匠の一人。このミケランジェロこそ、盛期ルネサンス 最大の巨匠であると考える専門家も多い。ミケランジェロは絵 画より彫刻こそルネサンスを象徴するに相応しいものだと考  え、彫刻家としてピエタやダヴィデ像など素晴らしい彫刻を残 しているが、画業でもシスティーナ礼拝堂の壁画に代表され  るよう、他に類をみない偉大な業績を残している。またミケラ  ンジェロは彫刻家、画家としての顔の他、建築家としての才を 持ち、晩年にはサン・ピエトロ大聖堂の主任建築士として、そ の作業に没頭した。晩年期の作品には引き伸ばされた人体表現などマニエリスムを思わせる技法も指摘されている。