もどる

切手でみる名画

HENRI MATISSE
アンリー マティス

1869年12月31日、北フランスのノール県ル・カトー・カンブレジに生まれる。
法律家を志し、法科資格試験に合格して法律事務所の書記として働くが、91年、画家を志してパリに出、ギュスターヴ・モローなどの下で美術を学んだ。
新印象主義の影響を受けながら、強烈な色彩を併置するフォーヴ(野獣派)のスタイルを生み出す。
ニースに活動拠点を移すと、くつろいだ雰囲気の手法で作品を制作、デッサンと色彩の融合を試みようになる。
そして、光と空間の単純化と純粋化を追求した結果、"色彩でデッサンする"切り紙絵の世界に到る。そのマティス芸術の集大成が、1951年に完成したヴァンスのロザリオ礼拝堂の内部装飾と言われる。





ブルーヌード

趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください

切手で見る名画の目次へ

トップページへ

切手で見る名画の目次にもどる

このページの使用済み切手画像は単に私の収集切手を自分のためにコピーしたものであり、著作権を主張するものではありません。
画像は実物の大きさとは異なります