切手で見る名画

EDUARD MANET

(マネ)

西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。


切手で見る名画の目次へ



トップページへ



趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください