芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい

趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください

もどる

      二室 東京下町走り描き
                                                                       

「山手線一周スケッチ歩き」へもどうぞ!

 私、藤木亘 奈良から関東に移り住んで、奈良とはまったく違う大都会の風景、江戸文化漂う風景、モチーフはたくさんあることを知りました、
そんな中でいずれ消えて行く風景もたくさんある事もよくわかリました、いずれ見られなくなる風景の中から東京下町の風景を描きたくなり、
ボチボチ描いて行きたいと思っています。走り描きですがご覧ください。
           

 
「鳥栄」(予約制の軍鶏鍋席)
「鳥栄」
予約制の軍鶏鍋席
 
鷺坂文京区小日向
珍しいU字形坂道

 
都電荒川線大塚辺り
都電荒川線
池袋サンシャインの見える場所唯一の都電がゆっくりと走る
 
五反田「とん久」さん
目黒川沿いのとんかつ屋さん (「とん久」さん)
駅前に残る懐かしい風景

名主の滝(男滝)」
江戸時代に名主の畑野孫八が湧き水を利用して開いたのが始まりである。名主の滝公園はには「男滝」「女滝」「湧玉の滝」「独鈷の滝」があり、都心では珍しい滝が見られる(現在は勿論動力滝で、震災後停止している)
「愛宕坂」
水戸徳川家の徳川頼房が京都愛宕神社四十七段の坂をイメージして造られた
と伝わる坂(石段)で文京区の小石川後楽園の中に残っている

千代の湯
中野、銭 湯  千代の湯
駅から近い場所で昭和の風情残る銭湯を見つけました、中の壁は富士山でした
レトロな雰囲気の両国駅
両国駅
昭和初期の建物で目の前は国技館、お相撲さんの姿も当たり前に見られます
 
 東武 堀切駅
荒川放水路沿いの小さな駅、ドラマ「金八先生」等のロケ地で知られます
 練馬 久松湯
銭湯は庶民の憩いの場暖かさが伝わります

渋沢栄一史料館晩香廬
北区王子飛鳥山の渋沢栄一史料館「晩香廬」(重要文化財)
緑深い公園の中、見過ごされそうな佇まい
根岸の家並み
,根岸の提灯屋
提灯屋という珍しいお店は下町独特の風情でした

「牛ヶ淵(千鳥が淵の隣)
千鳥が淵と並んで東京のど真ん中の桜の名所(中央の建物は九段会館)
谷中富士見坂
「谷中富士見坂」
本郷方面のマンションで間もなく富士山も見えなくなるかも

浅草「銀鱸さん
浅草 「銀鱸」さん
下町の雰囲気と観光地の雰囲気を持ち合わせた「銀鱸」さん、干物、漬物、豆腐、惣菜などのお店です
Googleマップで場所を見る
和田倉橋から見た東京銀行協会ビル
   和田倉橋と東京銀行協会ビル
和田倉橋から日比谷通りを挟んだ東京銀行協会ビル
和田倉橋から見たこのビルは大正5年(1916)建造煉瓦造り2階建で、丸の内が近代的なビルに変貌した今、大正の雰囲気を残す建物は貴重となっています

Googleマップで場所を見る


向山庭園
 向山庭園
練馬区の豊島園に浜口内閣時の江木鉄道省大臣の邸宅であったこの庭園現在は区の管理の下素敵な親しみ易い回遊式庭園として開放されています。
Googleマップで場所を見る
向島百花園
 向島百花園
決して大きくない庭園で、山野草や日本的な花木が中心で地味な庭園でした。又、芭蕉の句碑を含め大窪詩仏などの文人墨客の29の句碑、石柱が点在しています。
Googleマップで場所を見る


蕎麦処「進開屋」

蕎麦処  進開屋(千石)
  趣のある建物は、ほぼ昭和6年の建造当時のまま。東京大空襲の時もこの店だけは奇跡的に戦災を免れたそうです。そして 、なんと文化庁登録有形文化財なにです。

千石二丁目の地図
新富町の足袋屋「大野屋」
新富町の足袋屋(大野屋)
新富町は粋な町であったようだが、ここも今その面影を探すのに苦労しますが、見つけたのは花柳界のための足袋屋さんでありました。この大野屋は代々歌舞伎役者の足袋も手がけてきたお店として有名です。全国デパートの江戸老舗展といった催し物会場によく出展されています。(水彩6号)
新富町の地図

水道橋
 水道橋あたり
東京ドームが目の前のJR水道橋駅を外堀通りから描きました

水道橋の地図

新江戸川公園
 「驟雨(新江戸川公園)」
熊本藩主細川家の下屋敷跡でのスケッチは急な驟雨になりました
   新江戸川公園の地図map

新木場夢の島ヨットハーバー
新木場(夢の島)ヨットハーバー
昔の「夢の島」のイメージからは想像出来ないような緑と
モダンな施設が作られていました
   夢の島の地図
深川めし屋「深川宿」
 深川名物「深川めし」
富岡(深川)八幡宮境内の「深川宿」さんの床机でアサリの
美味しい深川飯を頂きました

深川八幡さんの地図

湯島天神男坂
湯島天満宮「男坂」
女坂に比べるとかなりの急勾配の石段です
石段下の甘味処からのいい香りが印象的でした

湯島天神の地図を見る
神楽坂のスナックと赤提灯
神楽坂にて
打ち水をした石畳、黒塀と見越しの松も残る神楽坂らしい路地を抜けると
洒落たレストランの隣に古風な居酒屋が並んでいました

数寄屋橋公園裏
泰明小学校の校舎も見えました
数寄屋橋公園
数寄屋橋
数寄屋橋は寛永6年(1629年)江戸城外郭見附として架けられ、橋の有楽町側に有名な南町奉行所がありました。関東大震災後、近代的な美観の石橋に架け替えられ、以来銀座の入口として親しまれてきました。「君の名は」で有名ですが今は首都高速と地下鉄に上下を挟まれ橋の姿も消え、菊田一夫筆「数寄屋橋此処にありき」と刻んだ碑が建っているのみです。

数寄屋橋公園の正面
泰明小学校

泰明小学校
明治11年赤レンガ造りで創立された都心の小学校で現在は震災復興事業で建てられたコンクリート造りで東京都歴史的建造物であります。日本で最も賑わう銀座にある小学校で卒業生には島崎藤村や北村透谷がいるとの事です。
地図で見る

勝鬨二丁目
勝どき二丁目
倉庫と町工場の町も巨大マンション群に変わりつつありますが、まだ下町の路地も残っていました
勝どき二丁目の地図を見る
歌舞伎座
歌舞伎座 東銀座
最近この歌舞伎座を建て替えると言う話もあり、一枚描いておきました
東銀座の地図を見る


無縁坂
無縁坂
森鴎外の「雁」のヒロインお玉が想いを寄せる岡田少年の散歩道ということで、
作品を通して多くの人々に親しまれている坂。
神田須田町甘処「竹むら」
神田須田町 甘味処「竹むら」
神田須田町には雰囲気のある老舗のお店が色々有ります
「蕎麦屋」「あんこう鍋」そして、この「竹むら」さん

東京都歴史的建造物指定

旧岩崎邸
 旧岩崎邸 (南庭園ベランダ)
旧岩崎邸は(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として英国人ジョサイア・コンドルによって設計建てられたもので、現存するのは洋館・撞球室・和館の3棟です。木造2階建・地下室付きの洋館は、本格的なヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。
原宿ブラームス通り
原宿 ブラームス通り
若者の街原宿 喧騒とした竹下通りと道一つ違いで大人の路が
ありました小さな骨董屋、洒落たブティック、フランス料理の店、
ティールーム
その名は「ブラームス通り」

佃橋

月島 佃町 「船溜まり」
月島と言えば「もんじゃ」を思い出すが、隅田川の「船遊び」もここの名物です、

佃と言う町名は大阪の佃の人が江戸時代に移住して佃煮を広めたそうです。
下の地図でご覧のように地形の全く良く似ているのに驚きます。

大阪市西淀川区佃の地図
東京都中央区佃の地図
佃煮の老舗「天安」
月島 佃町 「佃煮屋」
佃煮もここの名物、老舗が並んでいるが、元は大阪の
佃から江戸に移って来た人が、「佃煮」を広げたそうだ

谷中富士見町
谷中 富士見町
下町の雰囲気残る谷中の露地には人の気配を
感じる風景がありました
林芙美子記念館前
 林芙美子 記念館 (新宿区中井)
西武新宿線中井駅の近く妙正寺川沿いの、中井辺りは下町の雰囲気が
残る中に、緑に囲まれた記念館があり、郊外を思わせる場所でした

お茶の水聖橋から秋葉原方面
樋口一葉の住んでいた竜泉の煎餅屋
茶ノ水(聖橋)から秋葉原方面
ビルに囲まれた御茶ノ水周辺の古い木造民家商店(堀の左側)も近く取り壊されて公園になると聞きました、又一つ昭和の面影が消えます
  樋口一葉の住んだ町  一葉せんべいを商う家
台東区竜泉、今年から新五千円札に登場する樋口一葉が住んでいた町
として知られています、下町情緒が残っている町でした
八丁堀の銅板葺きの家
八丁堀 湊一丁目
少なくなった戦前からの銅版張りの民家、この家のおばさんは
半年程で取り壊しになると教えてくれました
飛鳥山の名残りの桜
なごり桜 (北区王子 飛鳥山)
上野公園に続く台地の飛鳥山公園は東京の桜の名所、葉桜と
なごりの桜が風景を作っていました。

このページのトップへ
堀切の造船所
京島で見た焼き魚屋
切の造船所
荒川と隅田川が最も接近した所、造船所や鉄工所がたくさんありました
京島(墨田区)の焼き魚屋さん
美味しそうな香ばしい焼き魚の匂いが漂っていました

おばあちゃんの原宿高岩寺門前
深川 霊巌寺前
ばあちゃんの原宿
巣鴨のとげ抜き地蔵で知られる高岩寺門前
深川 霊巌寺前のケヤキ並木
江戸博物館などがあり東京の中でも下町の風景を色濃く残している町でした

東京都北区赤羽自然公園
羽自然公園
東京都北区に荒川の近くの自然公園があります、都会を忘れることが出来る自然一杯の緑地です

深川 門前仲町
深川 門前仲町(福住一丁目)
この辺りは戦災に免れて昭和の初めの頃の民家がビルの間にヒッソリと見つける事が出来る今や数少なくなった下町の風景

小石川三百坂
西新井大
足立区西新井に牡丹の見事な大師さんがありました
小石川三百坂
松平播磨守の武家屋敷があった坂町との事


千住の石屋さん
お茶の水聖ニコライ堂
千住、日光街道近くの石屋さん お茶の水 聖ニコライ堂
上野東照宮おばけ灯篭
 「おばけ灯篭」
上野東照宮の四メートルもあるおばけ灯篭
雷門
浅草寺雷門
西銀座
西銀座なみき通り
銀座はもともと商業の町、今はヨーロッパのブランド店が軒を連ねているが、古い時代からの老舗も残っていて面白い、店構えは近代的ですが、そんな「糸屋」さんを描きました(6号)
雨のお茶の水駅
雨のお茶の水駅
お茶の水は文教の町、書店、画材店、楽器店などが多く若者で溢れる活気のある町。あいにくの雨、駅前の銀行のATMルームを拝借して走り描きをしました


月島仲通り
月島仲通り
まさに、下町の香りがする町、でもここは銀座からもそれほど遠くない東京都心部、「最近マンションが多くなり下町雰囲気が少なくなった」と“もんじゃ焼”屋のおばさんの話にうなずく。(6号)
東大構内
東京大学安田講堂通り
大学の構内は学生はもちろんの事色んな人が歩いている、話掛けてくれる人も多い、新緑の銀杏並木とキャンバス内の建物との雰囲気がとても清清しい空気でした。(6号)


真砂町あぶみ坂
真砂町 あぶみ坂
今は文京区本郷と言うらしいが、昔は真砂町と言い粋な町であったようです、東京大学を中心に文教の町らしくなかなか落ち着いた町でありました、少し横町に入ると物静かな住宅と下町風情がたっぷり残っています。

神田神保町

神田神保町にて
神田は学生と本の町、昔の古本屋の雰囲気の町を探したがとうとう見つけられなかった。今も出版社は多いが、ビジネス街の雰囲気が強く漂う街になつている。(6号)
矢切の渡し
矢切の渡し
細川たかしの唄のイメージとはチョット違っていたが、
今も渡しの艀は丸太木で作られていて、土日には
観光の渡しが運航されていると言う。(6号)

早稲田で見つけたお稲荷さん
早稲田で見つけた稲荷さん
学生の街早稲田、でもチョット細い道に入ると、古いものが残る町でした、大きなケヤキの木の下にお稲荷さんがまつってりました。(6号)


このページの目次へ戻る
門前仲町
門前仲町
成田さんの別院の門前町だそうで、飲食店、みやげ物屋さんが並んでいて、いささか、地方の観光地に来たような感じがしました。            (6号)

根津で見つけた教会
根津で見つけた教会
根津で先の戦災でも焼けづに残った下町があるが、そんな下町の長屋に挟まれて木造の教会があるのを見つけました。(水彩6号)

13
両国総武線ガード下
両国  総武線ガード下
隅田川の川筋はコンクリートの護岸が整備されて、昔の江戸情緒を感じられる場所が少なくなったのはとても淋しい。タイル張りの川岸を歩いていて、面白い構図を見つけ、スケッチブックを広げました。(水彩6号)

本多横丁
神楽坂本多横丁

明治以来、粋な花街として賑わったこの町も、今やヤング向けの新しい街として賑わっている、だがここも又一筋中に入ると昔の面影が感じられる路地がありました。





北千住長園寺
北千住長園寺
この町も表通りには昔の日光街道としての町並みは少なくなって来ているがチョット横に入ると下町の風情があり、小さな地蔵を祀る

神田蕎麦の老舗「まつや」
神田 蕎麦処「まつや」
東京都歴史的建造物指定

トップページへ