もどる

京都 大原の印象

三 千 院 の あ た り
大原の里
大 原 の 里

 京都の北東部で、若狭へ通ずる「鯖街道」にも近く、ぐるりをなだらかな山に囲まれた典型的な盆地里山の風景。のどかな山里といった雰囲気で、萱葺きの民家は少なくなりつつありますが、趣のある里山の風景を散策すれば、気持ちも穏やかに癒されます。
三千院
三 千 院
 
三千院(さんぜんいん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。三千院門跡とも称する。山号は、魚山(ぎょざん)、本尊は薬師如来、開基は最澄である。 京都市街の北東山中、かつては貴人や仏教修行者の隠棲の地として知られた大原の里にある。青蓮院、妙法院とともに、天台宗の三門跡寺院の1つに数えられている。
三千院
大原の地図
Googleの地図を付けました

寂 光 院 の あ た り
「大 原」

 京都盆地の東北部、高野川と賀茂川との合流である出町柳から高野川に沿って約10キロさかのぼった盆地一帯を大原と言い、若狭と都を結ぶ若狭街道鯖街道にも近い。大原女(おはらめ)で知られるように、頭の手拭、筒袖の着物、前結びの帯、足に巻いた脚絆の姿の女性が都へ柴や薪、花を売りに来る姿は大原の代表的な風景で、現在も観光的に見ることもあるようです。
大原の里
寂 光 院
 
 寂光院(じゃっこういん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。山号を清香山と称する。寺号は玉泉寺。本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は聖徳太子と伝える。平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。
寂光院
芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい



趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください
   


トップページへもどる