もどる

ベレンの塔
 ベレンの塔 (リスボア)F−15
ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたテージョ川の船の
出入りを監視する目的の要塞だそうです。
ベネチィアの思い出
 休日の港 (ベネチィア)F−60
サン・ジョルジョ・マッジョーレ島を望むベネチィアの
休日の朝、いやに静かでした

トレドの町

「グレコへの憧憬」(トレド風景)F−100油彩
トレドを訪れて、パラドールのある丘から見たこの風景に圧倒され、F−80で描いたのがこの作品です。
後に奈良市長が姉妹都市の絵だといって気に入って頂いたので、寄贈しました。
今も奈良市の「トレドの間」に飾って頂いているようです。(1998年の事です)


チンチョンの町
 乾いた町(スペイン)
私の好きな町チンチョン
P-10
プラハの朝
プラハの朝
 古い歴史を持つプラハと言う町はもつと乾いた感じの町と思っていたが、
プラハの朝はとてもしっとりとした空気が流れていました

グロブナー橋

グロブナー橋(Grosvenor bridge)
イングランド北部の古い城郭都市でチュダー建築が沢山残る雰囲気のある
小さな町チェスター。その町に流れるディー川の畔は静かな空気が漂っていました。
 (F−15号)

スペインの片田舎、塔のある村
塔のある村
スペインの片田舎、昼下がりの村は静かな佇まいでした

オビドスの町
オビドス(ポルトガル)
城壁に囲まれた古都
油彩 F−50
スペインのチンチョン
 午後の町(スペイン)
雰囲気のある静かな中世の町
油彩 P−60

アルファマの午後
アルファマの午後
リスボア(リスボン)ポルトガル 油彩六号
スペイン「石垣のある風景」
石垣のある風景 スペイン  油彩40号

イドラの港  ギリシャ
イドラの港  (ギリシャ)
(F-100) 1994年
遺跡への道  プニクスの丘
遺跡への道  (アテネ プニクスの丘)
(F-40)

イスタンブールのモスク
イスタンブールモスク (F-50)
エッパン村
エッパン村 (F-30)

スペインの片田舎
或る村
オビドスの街角
オビドスの街角
ポルトガルのリスボンから二時間ほどの小さな町オビドスは城壁に囲まれた中世の城下町、なかなかの雰囲気でした。(油彩10号)

芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい

展示作品は更新の都度増やして行きます
ヨーロッパの風景 水彩 日本の風景 油彩 日本の風景 水彩 その他のモチーフ


トップページへ戻る