もどる

殿ヶ谷戸庭園
(とのがやとていえん)=東京都指定名勝=

殿ヶ谷戸庭園の次郎弁天池
殿ヶ谷戸庭園「次郎弁天池」から紅葉亭を見上げる水彩スケッチ

殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園の写真を上の画像をクリックすることで見られます
(但し、携帯電話カメラの為画像は粗いです)
  この庭園は、大正二年から四年にかけて、後の満鉄の副総裁 江口定條氏が別邸として設けて、赤坂の庭師「仙石」の手によって造られました。
 昭和四年に、三菱財閥の岩崎彦弥太氏に買い取られたのち、津田鑿氏の設計により、本館、茶室(紅葉亭)などを追加整備し、和洋折衷の回遊式林泉庭園が完成しました。 昭和四十九年に東京都が買い取りするまで、岩崎氏の別邸として利用されていたものです。
 この庭園の場所は、国分寺崖線の縁にあり、典型的な段丘崖を含んだ地形に造られていますので、武蔵野台地と崖線の自然植生が良好な状態で保存されているため、むかし武蔵野に自生していた野草や昆虫などの小さな生き物たちが数多く見られます。 庭園内の次郎弁天池には水量豊かな湧き水の窪池があって、崖線から湧き出る清水を集め、「野川」の水源の一部となっています。
 このように、都内の庭園では見られない特徴を持った庭園で、国分寺と言う大きな駅から一、二分の所に有るのが信じられません。

 国分寺崖線
 次郎弁天池
 野川 

国分寺のお鷹の道
国分寺崖線にある「お鷹の道」

芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください
トップページへ戻る