北総の蔵の町 佐原
お宿 木の下
江戸から陸奥東北への物資の集散地として利根川の支流である小野川沿いに栄えた商業地であつた、又
伊能忠敬が地学や天文学に興味を抱いて日本全国の測量を行うキッカケを掴んだ町であるそうだ。

小野川が町のなかを流れる

文正堂(書店)

レンガ造りの銀行跡、今はお休み処となっている

中村屋酒店

正上(いかだ焼)

伊能忠敬記念館前

忠敬橋

観光遊覧屋形舟

旧油惣

小堀屋本店(そばや)

蜷川家具店

トップページに戻る