スケッチ
鏡容池から

雪の龍安寺


御室道から

境内へ

御手洗して

庫裏へ

石群も雪






箒目も

殊更に静か

将に静寂

時間を忘れる

庫裏裏の庭






蹲(つくばい)

湯豆腐を頂く

梅もほころぶ

鏡容池

抹茶を頂き

      

春の石庭写真
大雲山龍安寺
徳大寺家の別荘であったものを宝徳2年(1450)細川勝元が譲り受けて寺地とし妙心寺の義天玄承を開山として総見されたもので、特に方丈の前庭の枯山水の石庭が有名である。

石庭の鑑賞
石の象(かたち)、その集合、離散、遠近、起伏、禅的、哲学的に見る人の思想、信条によって多岐に解されている
  
入山切符のコピー 
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】

投票(クリック)してお帰りください

芸術系ランキング





トップページへ