もどる

館内のジオラマ
風景や建物を精密な模型で再現し、25m×8mと言う広いHOゲージのジオラマは国内最大で路線延長は1400mもあり、観覧席も210席という規模で人気沸騰中。
トップページへ  山手線一周スケッチ歩きへ  大江戸線スケッチ散歩へ

趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください

鉄道博物館(さいたま市)

所在地:〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番


地図検索

鉄道好きの私には子供に戻った気分で昔の鉄道を楽しむ事が出来た場所でした。


スライドショーはこちらから


この画像をクリックしてください
博物館内の写真をスライドショーでご覧頂けます

交通博物館から
鉄道博物館へ

大正時代から鉄道資料を展示する博物館はあったが、昭和十年になり中央線の万世橋高架下に開館し七十年の歴史を持っていたが、建物施設の老朽化から、2006.5(平成18)に閉館となり、さいたま市大宮に2007.10.14(平成十九年)新生「鉄道博物館」として新たなスタートを切ったものです。

所在地
〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番

鉄道に関係ある巨匠の名画
鍋井克之画伯の「汽車のある風景」
長谷川利行画伯の「赤い汽罐車庫」
平成十八年まで秋葉原の万世橋にあった
「交通博物館」の裏 神田川側

私の水彩

「交通博物館」の閉館が決まり、0系新幹線にも
「さようなら」の文字が.........

埼玉で再会しましょう!!(2006.5)