トップページへ戻る       宮内庁のホームページ

もどる

皇居一般参観に参加しました

皇居の「北の丸庭園」は無料で誰でも楽しめ、「東御苑」は入園料で誰でも楽しめますが、
この桔梗門から中は誰でもが入る事は出来ません。
「一般参観」として申し込みにより「参観許可書」を頂けた人が入る事が出来るエリアです。(但し、勿論吹き上げ御所は除く)
私は、その「一般参観」をネットで申し込み、入る事が出来たものです。

皇居内写真スライドショー

「一般参観」に参加した時の写真です。
上の写真か、ここをクリックして下さい


内堀通りを挟んでの、巽櫓と富士見櫓の遠望
今回の参観で「富士見櫓」を間近くで見てきました。
和田倉橋から日比谷通りを挟んだ東京銀行協会ビル
大正5年(1916)建造煉瓦造り2階建て

東御苑への「平川門」

趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください
「白鳥濠」の石組み

千鳥が渕風景
本丸跡から竹橋方面を望む



芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい

        富士見櫓
江戸城の遺構としては最も古いものに属する三重櫓で、万治二年(1659)の再建で、石垣の高さ約14.5m、櫓の高さ約15.5である
      蓮池濠
石垣の上に防御と装飾を兼ねて設けられた多門の櫓は武器庫として使われて、石垣の下は蓮の花が見事な蓮濠である
        宮殿東庭
新年及び天皇誕生日の一般参賀は、この広場で行われ、中央バルコニーで天皇はじめ皇族方が祝賀をお受けになります
       宮 殿
昭和43年(1968)に完成した鉄筋コンクリート造りで、正殿、豊明殿、長和殿、と表御座所等で厚生されている
        正門鉄橋(二重橋)と伏見櫓
通称「二重橋」と呼ばれ、国民から親しまれている正門鉄橋と三代将軍家光の頃京都伏見から移築されたと伝えられている
      宮内庁庁舎
昭和10年(1935)年に建築され、戦後昭和27年10月から昭和44年3月迄の間、三階を仮宮殿として使用されていた事もある