芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
神戸北野町スケツチ 1868年(慶応3年)の神戸開港に伴い、 現在の神戸市役所の西側一帯に外国人のための居留地が設けられましたが、 来日する外国人の増加などにより、しだいに住宅地が不足しはじめ、 神戸港を一望できる山の手が新たな住宅地として注目されるようになりました。これが、現在北野町・山本通に残る異人館街のはじまりです。
 明治20年代(1887〜1896年)から本格的に建設がはじまり、 第二次世界大戦頃まで最大で200棟以上の異人館が建てられ、 洋館と和風住宅が入り混じったエキゾチックな景観を形作っていましたが、 戦災や老朽化、さらには1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災によってしだいに数が減り、 現在残っているのは洋風建築で約60棟ほどになっています。
 現在、北野・山本地区の異人館街は国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されており、 この地区の景観の保護に力が注がれています。

         神戸北野町異人館外の写真とスケツチ

      

   トップページへ

北野物語館
「北野物語館」 ( 国登録有形文化財)
うろこの館
スケッチ 「うろこの館」 ( 国登録有形文化財)
布引ハーブ園
スケッチ 布引ハーブ園
旧バナマ領事館
「旧 パナマ領事館」
萌黄の館

「萌黄の館」 (国指定重要文化財)
神戸北野オランダ坂
スケッチ オランダ坂
風見鶏の館
スケッチ 「風見鶏の館」 (国指定重要文化財)
イランの館
「ラインの館」
北野町英国館
「英国館」
風見鶏の館
「風見鶏の館」 (国指定重要文化財)