芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい

もどる

スケッチ 山手線一周と地名調べ「有楽町」

再び有楽町に着きました
      山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、
      その町の「地名の由来」などを調べてみました

豊洲水上バス乗り場
豊洲水上バス乗り場
 
日比谷松本楼
日比谷公園の名店 松本楼
 
数寄屋橋交差点
数寄屋橋交番
朝日新聞本社は移転済み、
日比谷公園雲形池
日比谷公園雲形池
都会の中の静寂


歌舞伎座
(旧)歌舞伎座
来年再建が完工されます
月島佃の舟溜まり
月島佃の舟溜まり

築地本願寺
築地本願寺
インド風石作造りの仏教寺院としては珍しい存在感があります
泰明小学校裏の数寄屋橋公園
泰明小学校裏の数寄屋橋公園
明治十一年創立、東京都歴史的建造物

鰹節問屋「大和屋」
鰹節の老舗「大和屋」
    有楽町駅周辺の地名の由来など
      有楽町
地名は千利休の弟子で織田信長の弟である有楽(うらく)の屋敷地があつた事に由来するらしい。今の駅南側は南町奉行所跡地で、明治以降は工兵営や軍法会議所などの陸軍関連施設があった。近年は銀座と共に日本の繁華街の代表として広く知られ、戦後のラジオドラマ「君の名は」の数寄屋橋(今は無い)は有名であります。
      日比谷
江戸時代以前は江戸湾の入り江であった、地名はこの入り江の特産である海苔を捕る用具の篊(ヒビ)に由来すると云われている。
       銀 座
云わずと知れた日本の繁華街の代名詞。「日比の入り江」と云われる浅い海であったが江戸幕府が神田山(現駿河台)の土で埋め立て、駿府(静岡)から銀貨鋳造所を移転し「銀座町」と云われることとなつた。
       内幸町
江戸時代この地域は大名屋敷が集中していた、外堀に架設されていた幸橋御門の内側を「幸橋内(サイワイバシウチ)」と称され、明治五年その内側と言う意味で内幸町と云われる事となった。
       新富町
江戸時代この地域は武家屋敷であったが、明治に入り「新島原」と言う花町がつくられ、後にこの花町が吉原に移転し、後をこの新富町と言う町名を使われる事となった。
日比谷公園内のレストラン
日比谷公園内レストラン
銀座四丁目
銀座四丁目
   
新富町の足袋屋「大野屋」
新富町大野屋さん(足袋屋)
西銀座なみき通り
西銀座なみき通り 
 
  御 礼
 「山手線一周スケッチ歩き」は二年半を要しましたが、多くの皆様の
お励ましのおかげで、
「有楽町」で一周する事ができました。
 これからも、各駅の近辺のスケッチは続けたいと思っています、追加のスケッチを時々アップして、充実させて行きたいと思っています、又お閑にはお出で下さいますようお願いいたします。
:


山手線一周スケッチ歩きの目次へ

トツプページへ

東京に戻ります





「山手線一周」の駅周辺を
-mapで見る

ここをクリツクして下さい


 
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください