芸術系ランキング
クリックしてお帰り下さい

スケッチ 山手線一周と地名調べ「高田馬場」

高田馬場に着きました
山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、
その町の「地名の由来」などを調べてみました

2007.10. 1  近作二点追加しました

高田馬場駅前

高田馬場駅前路地

この駅は早稲田、学習院をはじめ学生の多い町、下町の雰囲気と
巧くコレボした不思議な街です
地図を見る
神田川ガード
神田川カ゛ード(落合側から)
山手線と西武線が神田川をまたぐが、今工事をしていて
いつまでこの風景が見られるか
早稲田大学大隈講堂
早稲田大学 大隈講堂
威風堂々
下落合あたり
下落合 神田川
「神田川」の歌詞を思い出させる
下町の風情がまだ残っていました

甘泉園
甘泉園入り口
早稲田大学の北側
 
面影坂
面影坂
都電面影橋近く

神田川ガード
駅の近くの神田川カード(早稲田側から)
JR山手線、埼京線、西武が並んで走る
  林芙美子記念館
西武中井駅辺り
林芙美子記念館あたり

上の絵は佐伯祐三画伯が東京時代に残した「下落合ガード」の作品

佐伯画伯が描いた同じガードを見つけました
巨匠の作品に私の落書きを並べてお見せする厚かましさをお許し下さい
早稲田で見つけたお稲荷さん
早稲田で見つけたお稲荷さん


高田馬場近辺の町名の由来と特徴
高田馬場
地名は幕府の馬場があった事が由来で、堀部安兵衛の「高田馬場仇討」の講談などで有名。早稲田の他文教施設が多い
早稲田
川が入り組んだ地形から、水稲の田圃が多くあった事に由来するとの事。今は早稲田大学で有名な地名となる
落合
神田川と妙正寺川の合流地点である事が地名の由来。川を利用した染色業も多かったが、今は住宅地として下町の風情と高級住宅地が混在しているようです

次は「新大久保」!

「山手線一周スケッチ歩きの目次」

トップページ