北千住 長園寺前
北千住 長園寺前

もどる

スケッチ 山手線一周と地名調べ

山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、その町の「地名の由来」を調べてみました

山手線 田端駅
田端に着きました

与楽寺坂あたり
与楽寺坂あたり
上中里駅前
上中里駅前
王子旧醸造試験所前
旧醸造試験所前
田端操車場近く
田端操車場近く
東覚寺、江戸三十三箇寺
東覚寺、江戸三十三箇寺
田端駅周辺の町名の由来
田端
芥川龍之介、正岡子規などの文人画家が多く住んだ町で根岸と並んで文士村と言われた町、明治時代からはJRの操車場が広い場所を占めているが駅の西側は谷中に続く下町の雰囲気が多く残っている
尾久
隅田川に接していて「尾久ダイコン」に代表される江戸の野菜を供給する農地であったが、関東大震災以降は町工場が増え
現在は東北本線の尾久駅も出来ている
千住
日光街道の宿場町であった広い地域で古くは勝専寺の千住観音から「千住」と言われたと伝わる、JR常磐線地下鉄千代田線東武伊勢崎線なども行き交い最近は新都心的に変貌する町、下町風情も多く残る
町屋
墨田川西岸に広がる低地であった為か農業の地区で知られていたが、都電荒川線京成電鉄地下鉄千代田線などの開通で商業町工場マンションなど混然として発展中

田端文士村記念館
について詳しくはここからどうぞ

田端「文士村記念館」
南千住商店街
南千住商店街
飛鳥山の名残り桜
飛鳥山の名残り桜
鉄道の豆知識
信号機と列車スピードの制御システム
ATSATC違い

ATS:(Automatic Train Stop)自動列車停止装置とは、列車が
信号機の指示速度を超過し、または赤信号を越えて進行しようとした場合に乗務員に警報を与え、列車のブレーキを自動的に動作させる装置で色々なタイプがある、日本の鉄道において一般的な運転保安装置である。(05年大事故があった福知山線は旧式のタイプであって新型のATS−Pに変える直前であつた)

 ATC:(Automatic Train Control)自動列車制御装置とは、区間ごとの指示速度を自動的に保持させる装置で、指示速度を超えた場合は列車のブレーキを自動的に作動させ区間速度を維持させる装置、このタイプの中にも色々なタイプがあるが、代表的で最新のATCは新幹線、山手線、京浜東北線などで、駅出発信号機、区間信号機等は路線上には無く、運転席にある。


  山手線と京浜東北線は都市部の最過密線である為新幹線と同じATCを使い、区間内の列車をITにより制御している、私は、この路線に信号機が無いのを不思議と思い、「亘のひとり言」bR1に「信号機が無い不思議」として書いています

次は駒込!
目次にもどる