もどる

    スケッチ 山手線一周と地名調べ「渋谷」 
  渋谷に着きました
      山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、
      その町の「地名の由来」などを調べてみました

  

近作2点追加(2010.11.1)

追加日本民藝館
民藝運動の創始者柳宗悦 が中心となり企画され、大原孫三郎などの援助のもとに、
昭和11月に開館した。 京王井の頭線駒場東大前駅下車
追加東京大学駒場キャンパス
本郷キャンパスとは雰囲気も違う時計台も凛とした佇まい
京王井の頭線駒場東大前駅下車

旧朝倉家住宅(代官山)
追加旧朝倉家住宅
(重要文化財)
渋谷区猿楽町29
朝倉虎治郎氏によって、大正8年に建てられた趣のある2階建ての建物内
と回遊式庭園を見学することができます

青山学院

 青山学院大学
渋谷宮益坂下
 渋谷宮益坂下

渋谷南平台のあたり
渋谷宮下公園前
  南平台の辺り 宮下公園前

代官山にて
旧前田公爵邸の洋館
代官山にて 旧 前田公爵邸洋館 (駒場)

渋谷ハチ公前
松涛公園にて
渋谷駅 ハチ公前 松涛公園にて

渋谷モヤイ像前
渋谷駅東口
渋谷駅南口  モヤイ像前 渋谷駅東口

赤坂見付交差点
根津美術館庭園
赤坂見付交差点 根津美術館庭園  南門

                 渋谷周辺の地名の由来
  代官山
江戸の時代代官所の所轄林であった事から、その名がつかわれ、昭和初期に地名として使われている、現在は立地も便利な事もあり、お洒落な街として知られている
  駒場

井の頭線が通る武蔵野台地に広がる駒場野と言われた地域で、江戸幕府の馬の調教場であった事が地名の由来である、東大駒場キャンパスがあり付近は閑静な住宅地となっている
  松涛
明治時代の旧鍋島家が昭和初期に茶室「松涛園」として開園し、現在は閑静な住宅地として知られ昔の名残は「松涛公園」の中に見られる、昭和38年には正式地名となつたようです
  六本木
六本の松の巨木があつた事が由来とされている、それも「木」に関係する六大名(上杉、朽木、高木、青木、片桐、一柳)の屋敷があった事もその由来とされている、現在はご存知「六本木族」の本拠。
  道玄坂
鎌倉時代の武将大和田太郎道玄と屋敷があった事が由来とされている、明治の時代に出店が並び賑わい、現在の様相の原点であるようであります
  渋谷
   鎌倉時代ここに渋谷氏の領地があったことから渋谷の名がついたが、その当初は「塩谷の里」と言われていたとの事である、
トップページへ


山手線一周スケッチ歩きの目次へ


次は「恵比寿」


趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください


芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい