もどる

スケッチ 山手線一周と地名調べ「駒込」

山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、その町の「地名の由来」や
「昔懐かしい汽車の硬券など」を調べてみました

駒込に着きました

新作追加二点2012.8.21

 
六義園 心泉亭
 
旧古河邸
 旧古河邸
北区中央公園
醸造試験場跡


音無川緑地歩道
 
名主の滝(王子)

六義園 「吹き上茶屋」
古河邸庭園
古河邸 南庭園 

六義園北門
六義園北門前

白山神社
白山神社
音無川親水公園
音無川親水公園 
しだれ桜
六義園 枝垂れ桜
「六義園」については下段参照ください



JR駒込駅前
JR駒込駅前

駒本小学校前交差点
駒本小学校前交差点
旧古河邸庭園

懐かしの硬券キップと日付印字機について調べてみました

硬券とは 
今の切符は裏が茶色の薄い紙の切符が多くなり、最近はスイカ、イコカなどのプリペイド切符が当たり前になっているが、昔は硬い紙の切符で下の日付印字機で発行日を印字し、改札駅毎にで鋏で異なる形の「入鋏」をしてもらって列車に乗ったものであります
昔懐かしい汽車の硬券

この記事画像はJR東日本発行の雑誌「大人の休日」をコピーさせていただきました
私が持っている 硬券

旧国鉄硬券キップ
上の硬券は昭和36年10月22日
の夜間特急「第2なにわ」の指定券と熱海から大阪へ帰りの「第2こだま」の特急券ですが、実はこれらの切符は
私の新婚旅行の時の硬券です。


これは、近鉄築山駅発行の平成11年11月11日
11時11分と一並びの縁起に因んで発行された硬券
並び数字の硬券

この硬券は「浜 空太」さんのご提供です

駒込近辺の町名の由来など

駒込 本郷台地にあり、現在は主に住宅地で1695年徳川綱吉から柳沢吉保に下付された別荘が六義園と言われている、武家屋敷があった事から「駒」と言う言葉は馬場と関係が有ったのではなかろうかと勝手な推測をしていますがどうでしょうか。

西ヶ原 かって御殿山と言われた様で、やはり武家屋敷沿いに広がる台地からこう言われたのではないでしょうか、旧古河邸が残っていて他にも現在も大蔵省印刷局など公共機関が多く散在しています

六義園について
六義園についての説明
旧 古河邸について
古河邸庭園についての説明

トップページへ



目次に戻る