芸術系ランキング
 
「山手線一周スケッチ歩き」の目次

「トップページ」へ

次は「渋谷」です
 
スケッチ 山手線一周と地名調べ「原宿」

原宿に着きました
山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、
その町の「地名の由来」などを調べてみました



二点追加しました(2009.11.21)



原宿駅
代々木公園の銀杏林
秋色 代々木公園
明治神宮北池の新緑
明治神宮北池
代々木体育館
代々木体育館
竹下通り「ブラームス小路」
竹下通り「ブラームス小路」
表参道同潤会アパート
表参道 「同潤会アパート」 2003年にスケッチしたもの
          表参道 「同潤会アパート」とは
 1923に発生した年関東大震災の復興をきっかけとして同潤会によって建てられたアパートで、表参道の顔として住む方だけではなく親しまれてきた当時としては珍しい鉄筋コンクリートのマンションでありますが時代の波と、老朽化により危険だと言う事で、反対運動も大きかったが2005年一部を残して取り壊され、「表参道ヒルズ」と言うブランド店を中心としたショッピングモールビルとして生まれ変わってしまった。

表参道ヒルズ表参道ヒルズ
 同潤会アパートの跡地に表参道のランドマークとして新たに2006年2月にオープンした商業施設と住宅、駐車場などからなる複合施設。建物本体の高さも抑えられ、表参道のケヤキ並木とも調和し、屋上の緑化部分は明治神宮からつながる緑の景観を創り出している。 多くの人々に親しまれてきた旧同潤会アパートの外壁の一部が再生されているほか、表参道の坂とほぼ同じ勾配を持つ長さ700mの“スパイラルスロープ”、多目的スペースなどが配置されている。
明治神宮内の菖蒲田
明治神宮内 「菖蒲田」
神宮外苑の銀杏並木
外苑「いちょう並木」


JR原宿駅

 山手線の駅舎は殆ど個性の無い殺風景な建物が多いが
ここ、原宿駅だけはなかなか個性的な印象に残る駅舎であります。
他の駅舎もこんな個性的な駅舎に出来ないものでしょうか
代々木公園の銀杏
代々木公園 「秋」
原宿駅近辺の町名

原宿
正式の町名は神宮前ですが、原宿はあまりにも有名、地名は中世、鎌倉街道の宿場があった事が由来であるようです。駅前から表参道が東へ青山方面へ縦断し明治通りが交差し現在は日本のファション発信の中心であるランド店が連なり、若者が溢れる竹下通りなどと重なり東京有数の繁華街となっいる、勿論駅西に広がる明治神宮と代々木公園、国立競技場もこの駅の大きな顔で、曜日を問わず人出の多いのが頷けるようです。
 明治神宮概要
JR山手線「原宿駅」または
地下鉄千代田線「明治神宮前駅」から徒歩5分

大正9年に創建された、明治天皇・昭憲皇太后を祀る神社。杜に囲まれた広大な境内には、明治神宮会館や宝物殿、武道場、明治神宮文化館、神楽殿、隔雲亭などがある。また、神宮球場、フットサルコート、スケート場、絵画館などを総称して神宮外苑と呼ぶ。日本最大の初詣参拝者数を誇る神社としても有名。