もどる

スケッチ 山手線一周と地名調べ「恵比寿」

  恵比寿に着きました
      山手線29駅をスケッチ歩きをしながら一周し、各駅の周辺の顔を見て回り、
      その町の「地名の由来」などを調べてみました

恵比寿ガーデンプレイス
恵比寿ガーデンプレイス
オーストラリア大使館
暗闇坂 オーストリア大使館前(元麻布)
有栖川記念公園
有栖川記念公園
麻布十番
麻布十番 寸景
恵比寿ガーデンプレイス
プラタナス通りのカフェテラス
聖心女子大学南門
聖心女子大学南門
       恵比寿周辺の地名の由来など
  恵比寿
明治20年(1887)に日本麦酒醸造会社(現サッポロビール)が目黒工場を作り、同社の貨物駅新設した時に同社製品「ゑびすビール」に因んで駅名を恵比寿にし、その後この地区の地名となる
  白金
古くは「銀」「白銀」とも書かれていたそうで、現在の白金、白金台にあたる。地名は中世に白金長者といわれた柳下上総之介一族の居館が有った事が由来とされている。
  麻布
この地区(元麻布一丁目)に古刹善福寺があり、その寺の山号を「麻布山」と言った事が由来とされている
  広尾
渋谷川の北岸一帯の地区で、川を望む斜面台地には寺院が多く、日赤や聖心女子大、東京女学館などの文教地区でもある
  猿楽
江戸初期に能楽(猿楽)師「観世太夫」の屋敷があった事から地名となったそうです
有栖川記念公園
この場所は常陸笠間藩(のち忠臣蔵の赤穂藩)の浅野家の下屋敷でした。その後明治29年(1896)に有栖川宮の御料地となりましたが、同家が絶えたため高松宮家が引き継ぎ、昭和9年(1934)東京市に寄付され記念公園となり、現在は港区を代表する自然公園。傾斜地を利用した渓流、林泉修景式大名庭園の面影を見ることができます。
元御用地だけあって、日本の古き良き自然と人工美が見事に調和されている、より親しみやすい場所になった。季節ごとに咲きかわる花々を見ながら散歩するのも楽しい。春のお花見や植木市には多くの人が集まりにぎわいをみせる。
     地下鉄日比谷線広尾駅3分

恵比寿ガーデンスプレイス
恵比寿と言えば「恵比寿ビール」ビール工場の跡地に出来た「水と緑溢れる複合都市」をテーマにした複合施設で百貨店、レストラン、ショッピング、ホテル、映画館などが集まっている大人のデートスポツトと知られ、施設全体が落ち着いたムードで統一され、お洒落な都会のトレンディーオアシスとして有名。
       JR山手線(他)恵比寿駅下車動く歩道(スカイウォーク)で徒歩5分

芸術系ランキング

     「山手線一周スケッチ歩き」の目次へ       トップページへ       次は「目黒」です