もどる

東京地下鉄 大江戸線 スケッチ散歩

スケッチブックと写真を持って大江戸線「牛込神楽坂」へやってきました。

「七丁目坂」
文京区音羽二丁目辺りから目白通り方面へ急な登り坂があります、坂の名前は旧の音羽七丁目からきているとの事であります。

音羽御殿(鳩山邸)
鳩山一郎元首相から続く音羽の山に建つ通称「音羽御殿」

 
神楽坂兵庫横丁
花柳界の面影が残る兵庫横丁
「神楽坂」の名前の由来

「神楽坂」の名前の由来について、「江戸名所図会 巻之四」(天保七年)によれば、この坂の右側に「高田穴八幡」の旅所があり、祭礼で神輿が通るときに神楽を奏したからとも、「若宮八幡の社」の神楽の音がこの坂まで聞こえたからともいわれる。 また、「改撰江戸志」(原本は残っておらず成立年代は不明だが文政以前にすでに存在が確認されている)には、「津久戸明神」が元和の頃に牛込の地に移転した時、神輿が重くてこの坂を上ることができなかったが、神楽を奏すると、容易に上ることが出来たため、この時より「神楽」の名が付いたと記されている。


花街「神楽坂」

 神楽坂が花柳界として開けたのは江戸後期の頃だと、言われているようです、当時の神楽坂は、明暦3年(1657)の「振り袖火事」後、武家屋敷ですでに坂の両側が埋めつくされおり、江戸中期に毘沙門天善國寺が麹町から移転して以降は、江戸でも指折りの賑わいを見せた街になったといわれています。 明治以降は武家屋敷が撤去され神楽坂は町人の街となりましたが、その後の商業の発展とともに、花街も日一日一日と発展を遂げていきました。 大正12年の関東大震災後、幸運にもその火災を免れた神楽坂には、松屋、三越、白木屋、銀座の資生堂などが引越してくるなど、まるで帝都の中心が移されたかのように、一段と賑わいを増したのでした。
大戦後は戦後の混乱期を経て、花町としての特徴も薄らぎ、特に近年は若者の町としての顔も広がり、東京の中心地であると言う立地もあり、高層マンションなども建ち近代的な街に変わりつつありますが、所謂花柳界の名残としてのお店もあり、数は少ないが芸者さんも居られるようです。


兵庫横丁
 兵庫横丁は武器商人の町であったことからその名がついたと言われる横丁で、「なぜに兵庫で武器商人?」と思われるでしょうが、兵庫とは「兵=つわもの、庫=ぐら」のことで、「兵器を納めておく倉、すなわち、兵器庫」のです

 地図を見る

神楽坂本多横町
本多横町
神楽坂のイタメシ屋
イタメシ屋もありました
赤提灯とスナック
赤提灯とスナック
宮城道雄記念館前
宮城道雄記念館前

トップページへ

飯田橋←←次は→→牛込柳町

大江戸線スケッチ散歩の目次へ
神楽坂毘沙門天
毘沙門天
芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください