もどる

東京地下鉄 大江戸線 スケッチ散歩

スケッチブックとカメラを持って「芝公園」駅周辺を散歩しました

公園横にあるお洒落なレストラン
慶応大学旧図書館(重文)
慶応大学図書館
芝増上寺
           東京タワーのこれから
 現在の東京タワーは、1958年(昭和33年)12月23日に、日本電波塔株式会社が、完成したテレビ電波の発信塔として塔でありますが、東京の名所として近代東京のシンボル的存在でありました。
  テレビのデジタル化が本格的となり、墨田区に建設される新タワー(東京スカイツリー)が2011年(平成23年12月)に完成後は主たる役目を引き継ぐ事になりますが、スカイツリー完成後も旧東京タワーは災害時などの予備としてや、FMラジオ波などの送信を続ける予定らしいですが、観光的な役目は暫く昭和の「史跡」的な存在で残る事になりそうです。

東京タワーに代わる 「東京スカイツリー」
所在地:東京都墨田区押上1丁目1-13
用途 電波塔、展望台 東京スカイツリー
298メーター時点の撮影
平成22.2.1
施工 大林組
構造形式 鉄骨造
高さ 634 m
着工 2008年(平成20年)
竣工 2011年(平成23年)12月予定
位置 北緯35度42分36.5秒
東経139度48分39秒
増上寺石仏群
永らくのお役目ご苦労様でした。
増上寺と東京タワー

現在「芝公園」と言えばこの東京タワーが連想される
増上寺からの東京タワー

芝離宮泉水
芝離宮泉水
大門の芝観音裏
芝大門にある芝観音裏の飲食街
             「芝」と言う地名の由来など
  かって海浜地帯であつたこのあたり、芝(柴)が多く生えていた事から
この名前で呼ばれるようになったとの説が有力だそうです。
  1878年(明治11年)東京府15区の一つとして芝区として発足し、1947年
(昭和22年)赤坂区、麻布区と合併になり、現在の港区となる。
  旧芝区は東京湾に面し、新橋、高輪に至る広大な範囲であり、中世には
芝浦と称され、北条氏の直轄地とその家臣の吉良氏の領域で、江戸の最も
重要な港であり、江戸時代には東海道の重要な地域でもあったが、一方山手
と下町、の境界でもあり、江戸市街の南限となっていた、現在は田町、品川に
続く第一京浜国道で、近年最も発展著しい場所でもあるようです。
一息入れたカフェテラス
トップページへ 大江戸線スケッチ散歩の目次へ 芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください