九十四景  朱雀門   

平城京に復元された朱雀門
藤原京から遷都された「奈良の都」は今平城京跡として大規模な発掘調査が昭和34年から進められおり現在までに歴史を裏打ちされる遺物が発掘され、現場に建てられた国立文化財研究所などで見る事が出来る、この朱雀門などの復元も行われており結構な事だが、若干取って付けたような気がしないでもないので、これから進む復元はよほど工夫して奈良に相応しい物を作って世界文化遺産として恥ずかしくないようにして頂きたいと願う。
(近鉄西大寺駅から徒歩15分)

番外「大極殿」へ
第百六景「平城宮跡」へ

法隆寺鏡池へ

今年の「奈良遷都1300年」の記念切手
(2010.4.23)


「大極殿と蹴鞠に桜」
地方自治法制定60周年記念切手
 2010.2.8
50年前の「奈良遷都1250年」の時の記念切手(1960)