九十景  興福院さん (こんぶいん)

法連佐保路に静かに佇む興福院(こんぶいん)
佐保山を背に、いかにも尼寺らしい楚々とした小さな寺である、参道は桜並木が一丁あまり続き山門までの佇まいも実に趣がある、寺の由来は知らないが、私の母方の菩提寺でもあった事もあり子供の頃の印象が残っていて法連の風景には欠かせない寺である。ご本尊の阿弥陀仏と脇仏は天平の作と言われて重要文化財であるようだ。檀家寺でもあり一般公開はしていないので訪れるひとも少なく法連佐保路を散策する人が山門の前の道を通る程度で、まことに静かなところである。
(近鉄奈良駅から奈良交通バス佐保小学校前下車5分)


室生の川筋へ