八十六景  慈光院遠望 

いかるが路に京風の茶室を思わせる寺院がある。時代的にも大和斑鳩には若干不釣合いな気もするが、今では周辺の風景に馴染んで違和感は無い、桃山時代小泉藩主の片桐石州が父を弔うために建てたそうだが、石州自身が茶人であったので寺院と言うよりは書院風茶室造りである、書院の庭はよく整備され大和平野を一望できる借景は贅沢な風景である。でも描いたのは富雄川ぞいの片桐池あたりからの遠望でした。    (慈光院についての参考文のご紹介


(近鉄大和郡山駅から奈良交通バス慈光院前下車)

高取町の街道 へ