もどる

番外 その43  ならまちの漢方薬舗

菊岡漢方薬舗
 奈良市旧市内の南部興福寺の南に、古い町並みが残っている所があります、この辺りを今では「ならまち」と言うらしいが、昔はこの辺りの事をこのように「ならまち」などとは言わなかった、下町とこそ云わなかったが庶民の町であり雰囲気のある一帯て゛、この辺り一帯は元興寺の寺内町で生活そのものの町ででありました。今は観光客を意識した土産物を商う小店や観光記念館などが出来、昔を知る私にとっては何とも悲しい気がする、町並み保存地区ですが、何よりも生活そのものの場所であり見世物にするような所でない筈である、どんどん変わる奈良下町の自然のままの保存をしてほしい、そんな中、今では滅多に見られなくなった昔からある漢方薬店があるが、「菊岡」さんと云い、私の子供の頃と全く変わっていない雰囲気であります、そんな「菊岡」さんをなつかしく思いながら描いてみました。

1景から33景まで 34景から66景まで 67景から100景まで 百景以降 

トップページへ

芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください