芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
トップページへもどる

番外の目次にもどる

もどる

奈良やまと路スケツチ百景

番外 その18 明日香村 立部

明日香村立部

  飛鳥の遺跡「亀石」のある辺りから南に折れて明日香小学校の横をなお南に進むと立部の集落に入る、橘寺の西に当たるのでしょうか、明日香村もこの辺りに来ると起伏も多くてなかなか変化に富んだ風景で、私は好きです。「川原寺の未申(ひつじさる)三丁ばかり、立部村に小堂あり、常林寺又は立部寺ともいふ。聖徳太子四十六ヶ寺御建立の一宇なり」とあり、聖徳太子建立の定林寺(現 妙宏寺)であると伝承があり、この辺り飛鳥の都の中心としてなかなか由緒ある土地柄であることが判る。そして「部」とは古代は職掌を表す文字であり、立部がどんな職掌の人達が暮らしていた集落なのか、ここにも飛鳥のロマンがありそうである。
  この集落をまだ昇り行き、稲淵、祝戸に続く路を飛鳥川上流に突き当たる、この路は石舞台の辺りから東吉野に続く街道に出で、当時としては交通の便も左程悪くなかったのでしょう、ここらは所謂奥飛鳥とも言えそうで、先は東吉野津風呂湖のほうに続く路である。

立部を地図で見る

googleマップ立部を地図で見る