十景 白毫寺山門

白毫寺
私の子供の頃は,奈良の人は別にして、よほど奈良にくわしい人でない限り知ることの少ない小さな荒れ寺であつたような気がする。この寺の境内はちょっとした高台になっていて、奈良市南部郊外の見晴らしが最高で、萩の寺として有名な境内の雰囲気はその頃と変わっていない。
<近鉄奈良駅から奈交バス高畑下車8分>

吉野山へ

一室A 目次へ

    白毫寺について
真言律宗の寺で、万葉の歌人としても知られる志貴皇子の山荘跡と伝えられている。弘法太子の師勧操僧都が創建した岩淵寺の一院ともいう。鎌倉時代に栄えたが今は本堂と御影堂を残すのみ。
本堂にある鎌倉時代の閻魔王坐像が有名で、昔の奈良の子供たちはいたずらをすると「白毫寺に連れて行くぞ」と言われるのがとても怖がったようである。
この付近は万葉に歌われた高円の尾上。風物はほぼ昔のままである。(2001.10.5)
芸術系ランキング
投票(クリック)してお帰り下さい
趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
投票(クリック)してお帰りください