芸術系ランキング

番外 その6 平城宮跡と朱雀門

平城京跡と朱雀門
 私は奈良市の生まれですので、子供の頃にはこの平城宮跡によく遊びに行った記憶があります、その頃の思いでとして
記憶に有る事に、平城宮跡の中を通る近鉄(その頃は大軌と言っていた)線路の中を歩いていて、電車が近づく事に気付かず
電車の激しい警笛に慌てて線路から出たものの、電車は緊急停止、運転手が窓からえらく怒っていた事がありました。
 この平城宮跡は言わずと知れた平城京があった場所で、710年に都が置かれた土地で、120ヘクタールの広大な面積で
現在もその発掘調査が続いている世界遺産の一部である。平城宮の正門とも言える朱雀門は平成十年に復元され、朱塗りの
門が聳えている、その門前に立つと1300年前の平城京の賑わいが聞こえて来るようだ。
                  「青によし 奈良の都の八重桜 けふここのへに におひぬるかな」

番外「大極殿」へ
第九十四景「朱雀門」へ

番外の目次へ

トップページへ

今年の「奈良遷都1300年」の記念切手
(2010.4.23)


「大極殿と蹴鞠に桜」
地方自治法制定60周年記念切手
 2010.2.8
50年前の「奈良遷都1250年」の時の記念切手(1960)