ECシステムとは、ヨーロッパの共通した紳士服製作とその縫製法である。

  ヨーロッパの紳士服産業は1960年代末期、全く新しい制作縫製法を

開発、
初期から続いた古い縫製法に終止符を打った。その頃ヨーロッパに

大不況の嵐が吹き荒れ、ドイツ衣料産業(紳士服業)を含む50%以上の

企業が倒産
転業・廃業したと言う歴史がある。

  その苦しい不況の中、将来ヨーロッパ衣料産業の繁栄を願い、商工一体化を

強行実現した。

ヨーロッパの縫製システムは単なる合理化でない。高速縫製機を駆使した

  シ
ステムであり、その結果、縫製不良はゼロに近い。 

「日本の縫製法では、至難の技」と言える。JP低速技術と高速縫製機とが、

うまく噛み合わず量産する程不良品の多発は避けられない。        

  それを回避する特効薬は無い。

  先ず高速縫製のできるマスターパターンの表裏設計から身に付けることを

  お奨めする。  

「ECシステム開発とドイツ衣料産業のプロセスの一部です。」