日本製(JP)システムを説明しょう。

  JPとは日本の縫製と認められる紳士服の縫い方、この縫製法は

初期時代から
現在に至り殆ど変化なく受け継がれてきた。しかし長い歳月は

縫製機械の
進展を促し、足踏みミシンと手縫い部は各自動機械に代わる。

  更に先進国から人
の手に変る新鋭機も導入、縫製機械の合理化は、生産性

を向上させ、やがて「作れば売れ
る時代」へ突入する。

1973年から1988年の15年間、その後
泡沫期(
バブル景気)を迎え

る。
しかし機械の合理化は進化したが、縫製技術の進化は遅れ、その不釣り

合いが
瞬く間に不良品と結びつき、空洞化へ拍車が掛かった。

  近隣諸国から安い洋服が
大量に輸入され、1着より2着と言う紳士服に対

する消費者の購買意識の変化をもたらした。

 さて生き返えることが出来るか?「日本の生産企業」                      

  先ず、高速縫製の「できるパターン」の完成から問題の解決が始まる。     
 それにファッション性が加わる。
この必然性を無視してはいけない。       

   上記の難関を見事克服し、大変革を実現したヨーロッパ制作縫製法

 (ECシステム)とは?