●家族新聞でネットワークを広げたい
 −ホームページ開設にあたって−
(2003.2.23)

ちいさいなかま(小4の娘“ちひろ”、保育園児で4歳の息子“りん”)と
共働き夫婦(そう&めい)で、1994年から「家族新聞」を発行しています。

(※家族の名前はハンドルネームです。
灰谷健次郎さんの『天の瞳』が大好きなので、
主人公の倫太郎くんをはじめ登場人物のお名前をおかりしました。
娘は、いわさきちひろさんと、宮崎駿さんの『千と千尋の神隠し』からおかりしました。)

「家族新聞」を発行していると言っても、
わが家の場合は、基本的に年1回の年賀状がわりの発行です。
毎月のように発行されている家族のみなさんにはおよびもしませんので、
偉そうなことも言えないのですが、それでも来年で創刊10周年を
迎えることになり、過去の記事もそれなりに蓄積されてきました。
家族新聞のバックナンバーというのは、家族にとっては、
とても大切な家族史ですが、縮刷版でも作って回りに
配布しないかぎり、外に向かってはつながっていきません。
しかし、それをホームページで発信すると、過去の家族新聞もたちどころに、
外に向かって日々つながっていくことができます。
というわけで、過去の家族新聞も活かすことができる
ホームページをつくることにしました。

紙でつくり、友人・知人に郵送する「家族新聞」と違って、
ホームページは世界中につながることが可能です。
(※実際は、日本語しかできないので、無理なんですけど…)
“家族新聞を中心に、ネット上で少しでも多くの方と交流ができたら楽しいね”
という意味を込めて「家族新聞ネット」としました。

わが家の場合、家族の名前や写真はホームページでは掲載しません。
「紙の家族新聞」の方には、子どもの写真や子どもの直筆の日記などが
満載です。(読者からは、これがまた評判がいいのですが)
それをホームページには、掲載しませんので、
「紙の家族新聞」の魅力は半減していますが、
ネットにはまた別の魅力があると思いますので、
おつきあいくだされば幸いです。

現在、子育て真っ最中なので、 “親バカ子育て新聞”の典型です。
家族新聞を発行されている方も発行されていない方も
もし、少しでも共感できるようなところがありましたら、
メール掲示板に、ひとことでも結構ですので、感想をお寄せください。
よろしくお願い致します。(2003.2.23記)



★「家族新聞づくり」のINDEXへもどる ★家族新聞ネット・トップページ ★掲示板 ★メール