すくすく日誌(りん4歳10、11カ月、2003年1・2月の記録) ★2003.3.1up

【保育園の連絡帳より、■は保育園、●は家庭での様子】

▼先生が信じてくれるからね
●新年早々に失敗!せっかく洗った上履きを荷物の中に入れるのを忘れてしまったのです。
上履きもなくて、足が冷たいだろうな−と考えて、本当に申し訳なくて…。
お迎えの時、あやまったら、「靴下あるから大丈夫だったよ」「そんなに心配しなくていいんだよ」と、
りんが明るい声で、さわやかに言ってくれて、なんてやさしいんだろうと感激しました。
帰りぎわも自分でカバンを首にぶらさげ、さっさとおしたく。
「すごいね。お兄さんだね」と言うと、
「先生、ぼくのこと、信じてくれるからね」と答えていました。(1月7日)
■「靴下ですべらないよう気をつけてね」と話しました。お兄さんになりましたネ。(1月7日)

▼10までかぞえられるかな
● りんは数を「5、6…」と途中からかぞえます。ちゃんと覚えられるかな。
片手を出して、「これは?」と聞くので、「5だよ」と言うと、今度は両手を。
「それは10だよ」と教えると、え〜っとびっくりしています。
少しすると、テーブルの上に両足をいっしょに出して、「これは〜?」と言うので、
大笑いしながら、「20だよ」と答えました。(1月15日)

▼りん作の紙芝居
りんのカバンに、広告紙に描いた絵が3枚入っていました。
「ぼく、紙芝居やってあげるね」と言って、絵を持ち、読んでくれました。
「昔々、おっきなトトロと、中くらいのトトロと、ちっちゃいトトロがいました。
オバケがいて、『お前は色が変われるのか?』とトトロに言いました。
トトロは『変われるよ』と言って、青い色になって、お日様にあたって、
消えてしまいました。おしまい」
先生が海賊の紙芝居をつくって読んでくれた影響なのかなと思いました。(1月16日)
■なんて、すてきなお話でしょう。
紙芝居の影響もあるかもしれませんが、
おうちでも絵本を読んでもらったりして、
お話好きになったりんくんだからだと思います。(1月16日)

▼僕のことは…
●近所の人が来て、玄関先でおしゃべりしていました。
りんは、おもちゃを持ってきて見せたりしたのですが、
話題がお姉ちゃんのことになり、「ちひろちゃん、おとなっぽくなったよね」とか、
「しっかりしてる」などと言われました。
りんは、部屋に戻って、父親に、「僕のことは、ほめてくれないんだ…」と、
なさけなさそうに言うので、大笑いでした。(1月29日)

▼じいちゃん大好き
●土・日と徳島のおじいちゃんが来ました。
おじいちゃんが大好きなりんは、いっしょに遊んだり、お風呂に入ったりして、
すっかり興奮ぎみでした。

「エルマーの冒険」のプークの人形劇を見に行き、40分2回の舞台でしたが、
りんは、前にのりだすようにして、よく見ていました。(2月3日)

▼りんの豆まき
●保育園での楽しい節分行事、ありがとうございました。
「こんぺい糖も、もらったんだよ」と、おいしそうにポリポリと食べてました。
家でも早速豆まき。父親が鬼のお面をかぶって、みんなで思い切り豆をぶつけました。
りんは、「オニは〜そと!福は〜そと!」と何度も言うので、みんなで笑ってしまいました。(2月4日)
■お父さんの鬼、目にうかびますね。(2月4日)

▼お尻出さないでおしっこ
●「ぼく、お尻、出さないで、おしっこできるんだよ」と言うので、早速、見せてもらいました。
ズボンだけ脱いで、トイレに入り、パンツの前の所をあけて、ちゃーんと、おしっこ。
「上手だね。なんか、お兄ちゃんに見える」と言うと、ニコニコしていました。(2月5日)

▼ギクリ!来年4月からは小学生
●電話で「PTA役員になって欲しい」という連絡がきて、
りんが「小学校に入学する2004年度なら」と引き受けることにしました。
りんが年長さんになって、来年4月からは小学校に行く…というのが、
急に現実的に思えてきました。そんな話をしていたら、
りんが大きな声で、「ギクリ!」と言うので大笑いでした。(2月6日)

▼お風呂に入るのに準備体操?
●この頃、お風呂に入る前、服を脱いで、はだかん坊になったりんが、体操をするんです
「いち、に、さん、し」とか声をかけながら、体を動かしているのを見ると、
おかしくなってしまいます。これは何だろう?とみんなで話しています。(2月10日)

▼絵本じゃなくても
●りんが夜、「エルマーのぼうけん」の本を読んでと言うので、ふとんの中で読み始めました。
絵本じゃないので、すぐあきるだろうと思ったのに、よくお話を聞いていて、
途中で、もう遅いからと切り上げようとしたら、大泣きして、「もっと読んで」と言い続けたので、びっくり。
今朝はサイの所まで読みました。(2月20日)

▼なぜ?大きくなったら野球選手
■お誕生日おめでとうございます。「大きくなったら野球の選手になりたい」とみんなの前で言いました。
●「野球の選手になりたい」なんて、どこで覚えたのかと家中で大笑いになりました。
タイガースファン、トラキチの父親は、「人が野球中継を見てると、『子どもにビデオを見せろ!』とうるさいくせに」
「イチローも松井も知らないのに、りんは何を考えているんだろう?」と言ってました。(2月某日)

▼「ももから姫」と「ひっほり、ひっひっじ〜ま〜」
●最近のりんのおもしろ言葉。「もののけ姫」のビデオがお気に入りなのですが、
りんは、「ももから姫」と言います。なんだか、かわいらしいお話みたいに聞こえ、笑えます。
「ひょっこりひょうたん島」の歌を口ずさんでいると思ったら、「ひっほり、ひっひっじ〜ま〜」と
歌っていました。(2月25日)

▼耳にグリーンピース
● りんが、なさけなさそうな顔で、「○○くんがね、きょう、僕の耳に、グリーンピース入れようと
したんだよ」と訴えてくるので、父親は思わず大笑い。すると、りんは傷ついて、ワッと泣いて
押し入れに入ってしまいました。「ごめん、ごめん」と父親に抱っこされて、やっと戻ってきたりんです。(2月28日)
■耳のことは、危険なことなので、その場できちんと話をしました。(2月28日)


★「ちいさいなかま」のINDEXへもどる ★家族新聞ネット・トップページ ★掲示板 ★メール