JR東海

 新幹線タイプと在来線タイプの2種類があり、新幹線タイプは表記文字を大きく、仮名を小さく書きます。全体的に細い文字であるのに対して、在来線タイプは太い線を記入しかな文字を大きく書きます。
 ここの駅名標は、スミ丸ゴシック体と呼ばれる国鉄時代からの独特の字体を使用しているため、昔からの鉄道ファンの間では絶大な人気を持っています。JRマークの下に「JR東海」の文字が小さく入るのも特徴。
 駅名標に所在地が入るのは、JRでは九州のごく一部と四国、そして東海のみ。


 新幹線タイプはこの形。色帯が細く、次駅表示として矢印の形が作られているのがわかります。東海道新幹線は東京〜新大阪まですべてJR東海であるため、駅名標は全駅この形。

 


 新大阪駅も同じような形をしているのですが、次駅表示としての矢印が両方向に付いてますね。
 また、この駅はJR西日本との共同使用駅でもあるためJR東海のマークが入っていません。(情報提供:1のりさんです)


 在来線タイプ。かな文字が大きく、下の中央に駅の所在地が入ります。両となりの駅はいずれもかな文字+ローマ字表記入り。


 表記文字では普通の字でも、読みが難しい駅名(地名)が名古屋周辺には多いようです。この千種駅もその一つ。
 中央本線の駅なのですが、特に路線種別となるものはなく、JR東海の駅名標は全てこのような形態です。


 名古屋都市圏の西の端。ここから米原方面は3方向に分かれますが、現在は新垂井駅がもうないため、垂井方面の本線と美濃赤坂方面の支線の隣駅のみ表示です。


 こちらは中央西線のターミナルとなる駅。この駅名標は中に蛍光灯がない薄いボード型のもので、屋外に建て付けられているタイプと同じ形態。地色がややクリーム色っぽい白色を使用しています。


 在来線タイプのかな文字は多少横長っぽく書かれているのですが、文字数の多い駅ではそうもできません。
 全国にはいろいろなところに「○○いちのみや」という駅がありますが、そのほとんどは「一ノ宮」と書かれ、写真のような「一宮」と書かれる所は少ないようです。

 

 紀勢本線にある、全国でもっとも短い駅名として有名なところ。
 ひらがなが大書きされると、ちょっと「あれ?」と気になるような、ずいぶんと空間の多い駅名標になりましたね。


 「各務原」は知名度はありますが、読み、書きがいまいちはっきりと分からない方も多いと思います。
 JRの場合は駅名と地名が違っているのが写真を見て分かるでしょうか。正しい地名は「各務原市」「かかみがはらし」です。

 岐阜県のやや奥にある、高山本線と太多線の接続駅。
 そのため右側の駅が2方向になり、ごらんのような表記になります。ローマ字表記は連続とせずに、"Mino" "ota"をハイフンでつないでありますね。



 トップへ