TOEICへの道 | 対策と英語勉強法
TOEICへの道 Topページ > はじめに

はじめに



こんにちは。おそらくこのホームページをご覧の方は
@英語の好きな方
A入社時研修で受験して初めてTOEICの存在を知った社会人の方
B就職を控えた大学生の方
C突然昇格条件に英語TOEIC資格が加わり真っ青の社会人の方
のいずれかだと思います。

今までなら英語の勉強が必要なのはせいぜい大学受験までで、社会人になってから英語の勉強を復活する人は、もともと好きだったとか、少なくとも自
らの意志で始める人たちばかりでした。会社で英語が得意な社員というのも、かつては大概超一流国立大学卒であったり、中学の時から英語が大の得
意で大学もESSに所属していたという人で、いうなれば英語に関してのエリートたちでした。

英語の資格(TOEIC英検TOEFL等)に関しても、英語の好きな人が自分の実力を試したり、アメリカの大学へ留学したいと思っている
人が好きで受験をしていましたが、現在は違います。昨今、私たちのような一般のサラリーマンがTOEIC受験を強制される時代になりました。たとえ
ば、以下のようなケースです。 

企業 
社内資格、昇進条件等
大手電気メーカー 主任・課長昇進時にTOEIC受験。部門によっては点数が昇進の条件。最低目標は600点。
大手自動車メーカー 係長昇格時にTOEICスコア600点の条件化を推進中。 
大手コンピューターメーカ
課長昇進の条件としてTOEICスコア600点、次長昇格にはTOEIC730点が必須。
大手鉄鋼メーカー 管理職前資格試験にTOEICスコア500点を義務付け。
大手電気メーカー  採用時TOEICスコア500点、課長昇格にTOEICスコア650点、経営幹部候補者TOEICスコア800点。

これらはごく一部ですが、インターネットの普及も手伝って社員全員がある程度の英語力を持つことが今後標準となってきます。もちろん、TOEIC
コア500〜600点程度であれば英語の得意な人にとってはなんでもないボーダーラインでしょうが、英語の苦手な人にとっては困難というよりも不可能
に近いスコアです。

商社に入社するような人なら別ですが、一般の企業に入社してまさか英語を学生の時以上に勉強しなくてはならないなんて想像だにしなかったのではな
いのでしょうか。さらに悪いことには、ボーダーラインが年々上がってきていることです。ほとんどの社員がTOEICスコア500〜600点をクリアすることに
よって、さらに差別化を図るためにと最近ではTOEICスコア800点がボーダーラインなんてのがでてきました。 

私は以前採用人事関係の部署にいましたが、今や多くの企業は英語の判断材料にTOEICを採用しています。受験勉強の延長のような英検
あまり重視されず、会話力を重視するTOEICにシフトしています。たとえ英検1級と履歴書等に書いても「ところでTOEICは何点あるの?」と
いう質問に対し、「受験したことがないです」では果たしてどうでしょうか。せっかく英検1級を持っているのならTOEIC850点くらいは最低とれる
はずですから、そちらをアピールした方が良いような気がします。というのは、人事課長は自社の社員で英検を受けたことのある人は少なすぎて比較が
できないのに対し、TOEICは全社員が受験しているため、最高、最低、平均点をつかんでいるためです。 



クィックリンク CONTENTS
日本人の英語発音ここが通じない 日本人の英語発音ここが通じない2 日本人ビジネスマンのここがちょっと 語の勉強に参考となる本
TOEIC学習に役立つリンク その他相互リンク 皆様からのお便り 子供の英語力はいかにアップできるのか 
子供の英語力はいかにアップできるのか2 電子辞書について TOEICとTOEFL、英検、NOVAの関係 なぜ違う英会話学校基準 
DVDは最高の英語教材 洋書・洋雑誌での学習方法 英語と就職 英語と政府への提言 日本のTOEICレベル 過去のお便り(英語一般)過去のお便り(TOEIC) 過去のお便り(その他) 英語に関する私の持論 私のTOEICへの道 脱TOEICへの道
クィックリンク 英語勉強方法について
NHKラジオ英語 NHKラジオ英語2 その他のラジオ英語 NHKテレビ英語 テレビ・ニュース英語 英会話学校・プライベートレッスン 
英会話学校・プライベートレッスン2 英字新聞 海外TVドラマと英語 映画・ビデオと英語 英語雑誌 TOEIC用教材 ホームステイと英語 留学と英語 海外駐在と英語 海外出張と英語 海外旅行と英語

TOEICへの道 Topページへもどる