TOEICへの道 | 対策と英語勉強法
TOEICへの道 Topページ > 海外出張と英語

海外出張と英語



T-Duckさま
TOEICスコア = 900点台
英検 = 英検1級 
人との対話が仕事の基本というのは、国内海外関係無いと思います。道具としての英語がいくらできても、話すネタがなければ会話は成り立ちません。
普段無口でいつもパソコンに向かって人と話そうとしない人が海外に行っていきなりペラペラと話し出すということは考えられません。言葉の種類を問わ
ず、普段から会話ということに気をつける必要があるのではないかと思います。日本は欧米にくらべて圧倒的に会話が少ない社会だと思います。海外に
行くと、やはり文化の違いというものがありますから、海外のニュースや、話題になっている出来事などに時々注意を払うことも重要だと思います。海外
では特に相手先と一緒に食事に出かける機会も多いですから、そういう場所で話すネタもなくだまっているというのはツライことですし、相手側の受ける
印象もよくないと思います。 


--------------------------------------------------------------------------------

EE+さま
TOEICスコア = 400点台
400点の私が国際会議のプレゼンするのは無謀というより絶望.しかし面白い経験でもあった.不思議なことに,海外の方が積極的に何でも聞ける.頼
る人がいない,という切迫した状況が良い方向に働くのだろうか.日本人を相手にするより,ずっと気が楽だった. 


--------------------------------------------------------------------------------

SONOTAKAKOさま
TOEICスコア = 700点台
英検 = 英検3級
技術関係の出張経験から、仕事関係の英語での専門用語・日本語での十分な機器の取り扱い・原理における知識の用意は助けになりました。文法的
には高度でなくても、十分出来ます。聴き取りも簡単です。しかし、接待を受ける時、とても大変なので技術関係の出張でも、中3程度の文法は必携で
す。また、その地元のスポーツ関係のチームの名前・お酒の種類の発音などリサーチしておくと完璧です。経験から、ヨーロッパ系は、自然・スポーツを
趣味にしている管理職の方が多く草花・小動物の簡単な用語、など覚えておくと案外助かりました。TOEIC にこの経験が繋がったとは思えない。その後
受けた時、10点しか上がらなかった 


--------------------------------------------------------------------------------

ながぐつねこさま
TOEICスコア = 900点台
英検 = 英検2級
私が現地で会った人々のケースでは、650点以上の人のコミュニケーション能力は、残念ながらTOEICの点数とまったく比例しません。TOEIC 650 点でも
現地スタッフの協力体制をすぐ作ってどんどん仕事を終わらせてしまう人もいる一方、900 点の人と話しているアメリカ人から「会話が通じないので通訳し
てくれ」と呼び出されるときがあります。出張許可が出るくらいの英語力があれば、英語よりもビジネス習慣や生活事情をよく知ることや、異文化に対す
る適応能力が重要です。不幸なのは、日本流のものの言い方を直訳できてしまうほど英語力のある人--いわゆる「ドラキュラ英語」(古風な難しい言い回
しで抑揚のない英語)を話す人です。なんで現地の人が何も動いてくれないのか本人も理解できないようで、彼らを説得しようとさらに英語を勉強すれば
するほど、発言の内容が複雑で回りくどくなるという悪循環に陥っています。一方、点数の低くて仕事ができる人の場合ですが、相手がアメリカ人なら「そ
ちらの事情をよく知らないので教えてください」と素直に言えば教えてくれますので、いろいろなことをまめに聞いて歩くことで副次的に英語力が伸びるこ
とは非常によくあります。(いわゆる walk around management というものですね) 


--------------------------------------------------------------------------------

ちゃびぃさま
TOEICスコア = 900点台
英検 = 英検準1級
ひとりで放り出されたから、泣きべそをかきつつも、プレゼンが終わったときの達成感はなんともいえません。帰ってきてからはもっとがんばろうと思いま
した。 


--------------------------------------------------------------------------------

Hiroさま
TOEICスコア = 700点台
一人で出張すると良い勉強になります。とくに、乗り換えをしたり、移動を独りですると一人で何もかも解決しなければならないので人に聴いたりしなけれ
ばなりません。 ”間違えたら恥ずかしい”とか ” 通じなかったらどうしよう”などとは言っていられません。 


--------------------------------------------------------------------------------

KOKさま
TOEICスコア = 700点台
英検 = 英検2級
教会の礼拝と聖書勉強会に通ったが、説教は10ヶ月経っても英語が分からなかった。アメリカ人と知り合いになれる機会が多い。 


--------------------------------------------------------------------------------

もちぃさま
TOEICスコア = 未受験
表現したい内容を自分の持っている英語能力の範囲で表現する力が付きます。ある程度勉強をしていなからイマイチ話せない人はトライしてみると良い
です。技術系の場合は専門の能力が高ければコミュニュケーションは成立させられます。こうして覚えた英語はわすれないよ。 


--------------------------------------------------------------------------------

Mrs.Typhoonさま
TOEICスコア = 800点台
英検 = 英検2級
それなりのホテルでは、電話線に接続してEメールをみたり、ホームページを見ることが可能になっています。せっかく、英語圏に出張しているのに日本
のホームページばかり見てばかりいてはせっかくの機会を逃がしていることになりますので要注意ですね。また、日本人の同僚といてもなるべく、日本語
を喋らないようにしましょう。 


--------------------------------------------------------------------------------

いかじさま
TOEICスコア = 800点台
英検 = 英検2級
ガツンと一発食らうだろうから、強烈な動機づけになる。私の場合ネイティブ同士の会議に参加して、ほとんど現在の話題がわからず、かろうじて質問し
てもその話がいつまで続いて、いつ次の話題に変わったのかさえわからなかった。これがなかったら勉強する気にはならなかったと思う。 


--------------------------------------------------------------------------------

さとしさま
TOEICスコア = 700点台
英検 = 英検2級
仕事で、手当てもらっていくわけですから、緊張感と重さは一番でしょう。十分な下準備をしたにも係らず、初めて行ったときは全然聞き取れなかった。ま
た時差ボケとの戦いでもあります。英会話スクールでのデスカッションが会話の慣れを培ってくれました。 


--------------------------------------------------------------------------------

SOMさま
TOEICスコア = 900点台
英検 = 英検1級
フィリピンに1週間出張して帰国した翌日にTOEIC受験したらちょうど100点上がっていた。おそらく仕事相手が話す英語をいったん頭に留めて必死に解
釈していたことがよい訓練になっていたのだと思う。 


--------------------------------------------------------------------------------

作者からひとこと
海外出張は英語力アップになるか否か。
一口に海外出張と言っても、ピンからきりまでです。英語を全く使わない日本人相手の海外出張は別として、技術者が行く場合と営業マンが行く場合で
は使用度が異なるはずですし、上司や同僚の英語の得意な人と一緒に行くのと一人で行くのでも全く違います。
私が海外出張したのは、交渉とプレゼンテーションをするためで、複数のネイティブと渡り合い、しかもランチやディナーが毎日あり、やはり複数のネイテ
ィブを相手にたった一人というものでした。条件的には最悪の状況といえるものです。

これが日本であればどうだったでしょうか。日本ではとても満足な英語なんて話せませんでしたので、仮に外資系企業の日本支店に一人で行き、外人を
相手に交渉をするなど同然無理であったことから、そんな状況で単身で取引先企業の海外本社へ乗り込んでいくことははっきり言って無謀でした。取引
先の人は、おそらくこの会社はこんな人間を派遣してきて一体どういうつもりなのか、と思われるところです。しかし、不思議な体験をすることになります。
日本ではできないはずのことが、海外では突然できるようになるのです。海外に滞在している3週間のあいだ、日本語を一切使わずに英語で考えるた
め、リアルタイムで英語が出てくるようになります。会社への報告もE−mailで英語で行った方が楽になります。そのうち独り言も英語になります。ある程
度のスコアをTOEICで取っていれば、そういう状況におかれた時にその潜在力が一気に開花するのです。でもそういう経験ができるのは、おそらく最低で
も800点以上の場合ではないかと感じます。

では一時的に急激に上昇したその英語力というのはその後どうなるかですが、日本に戻ってからはもとどおりです。外人相手に交渉なんてできません
し、一人で複数の外人を相手するなんて論外です。問題は英語で考えていないため、すぐに英語が出てこないことです。

さて本題の海外出張は英語力アップになるか否か、ですがはっきり言ってなりません。しかし、突然進化といった経験ができたことは非常に意義があると
思います。その経験がもし無ければ、日本で努力していることが、実は潜在的な実力アップになっていたことに気づかないままになっていたでしょうし、海
外滞在経験(留学、駐在)の有効性も正しくは理解できなかったでしょう。つまり私の持論でもありますが、海外に単に滞在しさえすれば英語が話せるよう
になるということではなく、海外に居ることでその十分すぎるメリットをいかにうまく生かすかが重要で、生かし方次第で飛躍的に効率的に英語が上達す
るということを確信できたことです。 



TOEICへの道 Topページへもどる