TOEICへの道 | 対策と英語勉強法
TOEICへの道 Topページ > 脱TOEICへの道

脱TOEICへの道


 800点を超えた人はそろそろさらなる上を目指し、脱TOEICを考える頃だと最近思うようになりました。 

今まで、自分の経験、また達人と言われるような会社や取引先の先輩の方々の実態、あるいは留学経験者等、皆様方の多くの意見を総合的に判断す
るとある結論に達することになります。 

それは、TOEIC800点あたりまでは、その人の総合的な英語力をほぼ正比例的にスコアが判定しているのに対し、800点以上の人にはかなりバラツキ
があるということです。800点そこそこの人でも実際のコミュニケーション力は達人レベルの人もいれば、900点以上を取ってもコミュニケーションという
点では戦力にならない人もいます。実際私の周りで駐在経験豊富でいわゆる達人と言われる方でもせいぜい800点台後半です。 

昔、私は会社の中でTOEIC600点以上取る人は全体の1割程度(入社5年目以内)しかおらず、700点取る人になると、帰国子女や留学経験者を除く
と一体何人の人が残るのかという実態から、600点取ればある程度しゃべれるようになる、700点取ればペラペラになるだろうと思っていましたが、現
実は600点取っても700点800点取ってもさらに現在のレベルでもペラペラとはほど遠いのです。恐らく大半の800点以上の人は同じ考えをお持ちで
はないでしょうか。 

それは達人レベルを目指す上でTOEICが重要ではないという証明になっています。というのは、一つの理由にTOEICは英語を第二言語としている人のた
めの試験ということで、あまりアメリカの文化的背景を必要とする問題がないのと、アナウンサーのようなクリアな発音になっているからです。すなわち本
当の英語ではないのです。例えば、私の場合、CNNのアナウンサーの英語は理解できても、インタビューになった途端にわからなくなる、あるいは映画
の英語はさっぱりわからないなどですが、実はインタビューの英語等が実際日常で使われている言葉なのです。また、日本人にとって永久の課題でもあ
る、文化的背景というか英語的発想ができるかという点も実は大切なのです。そうでなければ、いつまでたっても奇異な英語止まりなのです。 

要するに、TOEIC900点レベルから950点レベルにスコアを上げる意味はもはやなく、コミュニケーション力や映画等の本当の英語がどれだけ理解でき
るかが肝要であり、その実力判断には何が適当かまだ模索中ではありますが、例えば通訳検定のようなものでしょうか。もちろん通訳業を目指すわけで
はありませんので、取得そのものには興味はありませんが、実力判断の材料にはなると思います。何か適切な試験等がありましたら、ぜひ誰かアドバイ
スお願いします。TOEICで900点取れたとしても、英語の9割を決して理解しているのではなく、大切な文化的背景が含まれない文や日常の発音ではな
い教科書的な英語の言わば狭い範囲内での9割を理解しているに過ぎません。私の感覚から、「TOEICで9割をカバーしている=英語全体の2割をカバ
ーしている」、というところでしょうか。 

この件については、現在まだ模索中でまだ結論が出ていません。皆様のアドバイスをいただきたく存じます。 


--------------------------------------------------------------------------------

野嶽さまより
こんにちは。いつもホームページを興味深く読ませて頂いてます。脱TOEICということで、TOEICスコア=英語力の図式に限界があることを話されている
ようで、ひとつコメントさせて頂きたいと思います。私自身もホームページでTOEICを紹介しておりますが、 TOEIC=英語力にならないことには幾つか理
由があると考えています。私の意見では、TOEICはあくまで「文法、読解、聴解」に関する英語力を問うものであって、英語力全体を測るものではないも
のです。 

また、おっしゃるように「コミュニケーション力」の中にスピーキング能力が含まれるとすれば、 TOEICではスピーキング能力は問われませんので、イコー
ルにはなり得ません。 TOEICと兄弟関係にあるTOEFLでは、別にTSEというスピーキングの為だけのテストがありますので、明らかにTOEICはスピーキン
グ能力を問うていないと結論づけられます。 

ですので、スピーキングをしたいのであればTOEICではなく英会話の勉強をすべきで、しかし英会話以外の殆どの一般英語はTOEICでカバーされるはず
です。その先に行くと、アメリカや英語圏の文化や歴史にまで立ち入る必要があり、それらを試す一般向けの試験は事実上存在しないのではないでしょ
うか。その領域はもはや語学ではなく文学、社会科学の範疇に入ってくると思います。 

参考になるかどうかわかりませんが、一度私のホームページに一度お立ち寄りください。 http://village.infoweb.ne.jp/~nodake/toeic.html
=============================================================

TOEICでは、一般的にスピーキング力も計ることができるように問題が作成されている、となっていますが、実はこれもある程度のレベルまでの話であっ
て、おっしゃるとおり TSEというスピーキングの為だけのテストが現に存在することから、 TOEICでは限界があるということになりますね。 

確かにおっしゃるとおり、英会話以外の殆どの一般英語はTOEICでカバーされると私も思います。勉強として英語を学習する場合や、特にコミュニケーシ
ョンを必要としていない方々、例えば英語を学習して、CNNが聞けるようになりたいとか、英字新聞を読みたい、たまに海外旅行に行って短い会話を楽
しむ、というような人達はTOEICの勉強だけで十分だと感じます。私の思う範囲では、このHPをご覧になっている方々の90%以上はこの範疇にはいる
のではと思います。私もビジネスを離れれば、この範疇に入ります。 

この範疇から外れて、さらに上をめざさないといけない人というのは、ビジネスで英語を使用する人、通訳業等プロ(またはプロを目指す人)、映画を字幕
なしで半分以上理解したいと思っている方などなどでしょう。 

私が問題としているポイントは、3つあります。 

一つは、おっしゃるとおり「TOEIC=コミュニケーション力」ではない点です。言葉はもともとコミュニケーションのための道具であって、書いたり読んだりす
るのはあくまでもその記録であるに過ぎません。ただし、そうは言っても私たち日本人のほとんどがコミュニケーションをする機会すらないのが実情では
ないでしょうか。そういう意味ではコミュニケーション部分は省いてしまってかまわないのですが、私の場合、仕事上省くことができない点で、TOEICとは別
の英語学習が必要になります。 

もう一つは、「その国の言語を学ぶためには、その国の文化的背景をも知る必要がある」という点ですが、これは日本人には超えることのできない壁で
あり、英語の達人といわれる方でもこれを超えた人は少ないと思います。例えば、私の場合、TOEICでリーディング&グラマーは得意なほうで(単に相対
的にですが)、書く英語というのは割とスラスラ目立った文法的間違いもなく可能なのですが、意味は通じても、英語の発想ではなく、日本語の発想で書
いているため、ネイティブから見れば若干奇異なものになっています。これは相当レベルの高い人でも難しく、デイリーヨミウリの執筆者の英語でさえ、
時々ネイティブに言わせると奇異に感じるらしいのですから。かといって、じゃあ無理な壁だから何もしなくていいかと言えば、そうではなく、少しずつ英語
の発想を持つように努力していくことが必要ではないでしょうか。これは、単にイディオムを勉強するということではなく(それも必要ですが)、発想自体を
英語的にする必要があるということです。本当の達人の方は必ずこのことを言われます。この点についても、TOEICではカバーされない部分であると思
います。 

最後は、実際に話される英語はTOEICのアナウンサー発音ではないことです。実際ビジネスでも、同じ英語でも相手がこちらは英語がヘタだとわかって
いれば、割とアナウンサー発音をしてくれますが(最初だけでその内普通に戻る)、ネイティブ同しの中に入った場合や、ニューヨークでの会話(こちらに
対して外国人という意識はない)、映画の会話になると、言わば本当の使用言語ですが、さっぱりわかりません。これはTOEICのリスニングで満点を取っ
た人でも同じです。日本語を学校で勉強した外国人が、大阪の地下鉄に乗って、女子中学生の話す機関銃のような大阪弁を聞いて、全く理解できない
のとおなじです。もっとも東京出身の日本人でさえ理解は無理だと思いますが。もちろん、彼女たちも標準語を話しますので、1対1のコミュニケーション
という点では可能です。そういう意味で、TOEICのアナウンサー発音が理解できれば、まあ問題なしとは言えるのですが・・・。実際にはそうでないのが現
実なのです。


--------------------------------------------------------------------------------

最近、松本道弘の英語道なるものを知りました。NHKの講師もされた方で、日本人の中の本当の達人と言われる方です。

ICEE(Inter-Cultural English Exchange)というテストがあり、オーラル英語による、異文化コミュニケーション能力を測定する検定試験です。 特徴として
は、日本で唯一、実技のみで実施される英語検定試験、審査員は全員ネイティブスピーカー、英語の「運用能力」をトータルに判定する、というものです。
参考HPは以下のとおり。 http://www.alc.co.jp/catc/bu/buicee01.html
ICEEランキングというのがあり、TOEICはやや過大評価されているきらいがありますが、実際のTOEIC900点レベルは、英語道では2級程度に過ぎな
いという評価です。真の達人は五段という話で、900点レベルは有段はおろか、ようやく段位取得のための挑戦権をつかんだに過ぎないのです。プロ野
球では、2軍の控え程度です。それでも一応プロですので、アマチュア以上ではあるのですが。 

私の個人的意見ですが、TOEICは非常に良いテストだと思っています。従来の試験勉強の英語がリスニングを疎かにしたもので全く実践では使えない
ものであったのが、いわゆる使える英語としてのテストがTOEICであり、TOEICのスコアを上げることが実践英語の実力をも上げている点で非常に評価
できるものだと信じています。しかしながら、英語の運用能力を達人レベルに近づけるためにはTOEICのレベルはもはや低く、800〜900点をすでに達
成してしまった人にとっては、必ずしも正しい実力を反映しておらず(人によって真の実力がまちまち)、さらに上を目指すのであれば、英語の運用能力と
いう点に重点を置いた勉強の方が良いような気がします。 


--------------------------------------------------------------------------------

KEIさまより
こんにちは。私も早く800点取って、脱TOEICしたいと思っている1人です。私は派遣社員で、英語を使った仕事がしたいのですが、どうしても書類上の
スコアで判断されてしまうので、800という数字が、どうしても必要なのです。仕事に対する意欲はあるのに、なんでスコアだけで判断されてしまうんだ!
と、理不尽に思ったり、のびないスコアにイライラしたり、受験料ではずいぶん貢献してきたよな〜と思ったり。もうTOEICには振り回されたくない!もし英
語を使う仕事に就いたあかつきには、もうTOEICは受けず、コミュニケーション能力を高めることだけを目標にしたいと思っています。でも、やっぱり900
点欲しいとか、思ったりするんでしょうか?じゃないと、どうしても書類上で、スコアで判断されて、落とされてしまったりするからです。自分に会話力が不
足しているのはわかっているのですが、 
=============================================================

800という数字が、どうしても必要ということですが、確かに私が新聞の採用広告で見る限りでは、「要英語力、TOEIC800点以上」というのを目にします
が、800点以上というのはあくまでも客観的基準であって、本当に英語力のある人を企業は必要としているのではないでしょうか。従って、まぐれあたり
で、800点を取ったくらいでは、たとえ書類選考でとおったとしても、実際の面接で英語力を試されたら最悪の状態になると思います。また、採用試験は
クリアしても、実際の業務で使い物にならなければ、どうしようもありません。そんなレベルで、会社に採用されてからコミュニケーション能力を高めること
だけを目標とするといっても、それは無理です。海外在住経験が長く、会話はほぼ完璧だが、TOEICでは800点そこそこしか取れないというタイプの人で
あれば書類選考が大きなネックとなるのでしょうが、日本国内のみで勉強してきた人というのは、選考基準が800点なら、900点以上のスコアを取って
からでないと、実際の業務では話にならないのではないでしょうか。 

=============================================================


KEIさまより
こんにちは。回答いただき、自分でも何てアホなことを言っていたんだと思いました。最近は速読教室などに通うなど、地道に勉強していて、先日受けた
TOEICで、初めて時間が15分も余り、問題を読み返す余裕ができたのですが、今まではただ、何だかワケわからず受けていただけなんだ、ということが
よくわかりました。TOEICへの道は、今始まったばかりなのですね。5月に仕事探しをするつもりですが、これからは謙虚に、スコア=実力を見極めなが
ら、でも、意欲を忘れず、勉強を続けて頑張ろうと思っています。 


--------------------------------------------------------------------------------

KEIさまより
こんにちは。3月のTOEICで、ようやく800点を超える事ができました!スコアからすると、まだまだ問題になりませんが、自分としては、あきらめてしまう
ことはいつでも出来ただけに、くじけないで良かったと満足しています。これからがスタートラインだという気がしているので、仕事で使える英語を身に付
ける様、頑張りたいと思います。 
=============================================================

またひとつ、進化を遂げたということですね。今後もこの繰り返しだと思います。挫折しかけて投げださなかった人が上のステップへ上がっていくのだと思
います。何はともあれ、800点突破おめでとうございます!! 


--------------------------------------------------------------------------------

Claireさまより
こんにちは。とても参考になるページだと思い感心しながら拝見しています。脱TOEICということで、唐突ですが、もし英語にちょっと疲れたときがあった
ら、気分転換に他の言語をかじってみてはいかがでしょう? たとえばフランス語なら、英語には仏語から来た言葉が沢山あり、上級向けのボキャブラリ
ーほどその比率が多い気がします。私は仏語を専攻していて大学卒業後しばらくたって英語を再開したとき、英語の語彙に見覚えのある単語が増えて
いる気がしてとても新鮮な気がしました。あまり気負わないで、すこしだけ仏語の基本に触れてみるのも一興と思います。もちろん同じ綴りで意味が微妙
に違ったり、発音も全く違うので区別しないといけませんが。また仏語では -ment がつくのは主に副詞であり、英語の -ly に相当します。(例外も有り)ま
た現在形は -ing でなくて -antなのですが、 important とか英語でもなじみのある言葉が仏語にも沢山見出され、音声や文法ではなく語彙や文字からア
プローチすると、全く違う言葉と思っていた仏語も親しみやすく感じられるはずです。 他の外国語に<ここから文字化け>外国語学習は、もちろん興味
があるかどうかにもよりますが、一定レベルに達した方にもプラスになると思います。他の外国語をいくつか学んだことのある英語教師も多い気がしま
す。・・・なんだか趣味に偏ってしまいましたが、脱TOEICの英語学習法番外おまけ編くらいにはなってるでしょうか・・・ 
--------------------------------------------------------------------------------

ちくんさまより
脱TOEICホームページを初めて拝見させていただきました。私も1999年の3月に初めてTOEICを受験してリスニングが満点の945点をとりました。非常に
思考能力が問われない(脳に負担の掛からない=疲れない)テストだなとの印象を受けました。私自身、日本の公立高校を卒業後、単身アメリカに渡り
私立大学を卒業しましたが、在米中にTOEFL・SAT・ACTを受験し、帰国後は興味本位でTOEIC・英検・国連英検・工業英検・商業英検・翻訳検定(自然
科学部門)・ボキャブラリ検定を受験しました。英検に関して言えば、 1次試験は2回目の受験で合格し、直後の2次試験では満点で1発合格しました。こ
れらの試験を受けてみて思ったのは個々の英語試験にはそれぞれの趣旨・目的があり、英語+αを評価するという事です。個人的な意見ですが、英
検・TOEIC・TOEFL・ボキャブラリ検定は英語以外に特別な勉強・訓練を必要としない、いわゆるαの要素が非常に少ない試験であると思いました。事
実、自分自身殆ど受験対策はしませんでした。コミュニケーション(この間文字化け) は全く適切でないと思います。上記の試験の中で選択すれば、英検
の2次試験が唯一適切だと思います。まだ通訳検定の受験経験はありませんが、コミュニケーション能力を評価するには通検が一番適切ではないかと
予感しています。これからの国際時代において問われるのは英語能力と共にαの部分だと感じています。それは専門性であったり人間性であったりす
ると思います。何百年何千年たっても人間と人間はコミュニケーションをする必要があり、何かしらのツールを必要とすると思います。また、ツールを磨く
事も大切だと思いますが、ツールを操る側を磨く方がもっと大切なのではないでしょうか。 
そのとおり。会社でも一番大事なのは業務遂行能力であって、英語はツールに過ぎないということです。英語にだけ絞っていえば、会社にもよると思いま
すが、通訳業として採用されない限り、大事なのは文章理解力と、論理的構成による文章作成能力だと思います。直接会話で半分しか意志の疎通がで
きなきても、大事な部分は最終的には文書になりますので、まず読書きという点で、結果的に日本の英語教育は正解であったような気がしたのです
が・・・・。いくつかの企業で、帰国子女というだけで人事部が過剰反応し、国際部へ配属したはいいが、全く使えなかったというケースは結構聞きます。T
OEICについて言えば、リスニングは満点に近いが、リーディングはお粗末といったタイプよりも、リスニングはそこそこだが、リーディングが満点に近いと
いったタイプの方がビジネス向けかもしれません。(一概には言えませんが) 

--------------------------------------------------------------------------------

みかさまより
こんにちは。はじめて拝見しました。とても興味深く参考になるサイトですね。また来たいと思います。さて、コミュニケーション能力とTOEICの話題につい
てですが、素朴な疑問です。 730点以上ではインタビューテストが受けられるそうですが、これは判断材料にはならないのでしょうか? あんまり受ける人
いないのかな? 
試したことはないのですが、おそらく判断材料になるとは思いますが、どの程度の時間なのでしょうね。1時間くらいの会話をしなければ本当のレベル判
断というのはできないと思いますが。英検のような一発勝負的なものだと正しい判定はできませんね。そう言えば、ベルリッツのレベル判断って1時間だ
ったように覚えています。でも1レッスン分のお金が必要でしたが。NOVAの5分判定より正確でした。 

--------------------------------------------------------------------------------

Yasukoさま
脱TOEICという、少し変わった名前の<文字化け>。大変面白く読ませていただきました。私は、この前の日曜にちょうどTOEICを受験し終えたところで
す。私も派遣という立場で、英語を使った仕事をしたいと勉強を続けていますが、870点マークしてもなかなか仕事には直結するという事にはならないよう
です。でも、今回の試験では一応900点を目標にしていました。特に対策をしているわけではないのですが、やはり普通の英会話で勉強するより、通訳の
クラスを受講するととてもよいと実感しています。通訳のメソッドには、英語上級者が期待するような手応えが有ると思います。特にリスニングに関して
は、日本だけで学んでいる人には絶対お勧めだと思います。今回のスコアがどこまで伸びているのか自分でも楽しみです。ではまた。 
なんとなく楽しみながらやる英会話学校に対して、地獄の特訓を思わせる通訳学校なら十分手応えがあるような感じがします。どれくらいのレベルから通
訳学校に通えるものなのでしょうか?やはりTOEIC970点くらいからでしょうか。 

--------------------------------------------------------------------------------

Tomioさま
こんにちは、Tomioという者です。この「脱TOEICへの道」というショッキングなタイトルは非常に僕も共感してしまいました。実は私も、1996年に念願の800
点を達成したのち、今の2001年までずっと800点を中心に上下する点ばかりとり続けています。そして、点数を上げようと思えば、速読を鍛えないいけな
いな方法までわかっていますが、それが出来ていない状況です。しかしです。800点を最初に達成した5年前に、International Herald Tribune(以下IHT)と
いう新聞を買って読んだのですが、ほとんどの記事がまったく読めないことに気づいたのです(Daily Yomiuriが読めてもこの新聞は読めませんよ)。そこ
で、TOEICからはしばらく距離をおいて、徹底的にこの新聞と格闘してやると決めて、読み続けました。わからない単語が一つ一つ調べながらです。おか
げさまで、今となっては(IHTも近くの駅売店で150円で毎日買える安さになりましたが)ニュース記事は、ほとんどわからない単語に出会わず、読めるよう
になりました。2000年の夏頃の話です。しかし、ここでみなさんにお伝えしたいのが、それでも僕は最近受けたTOEICでも800点なのです。つまり、この5
年間に時間こそかかりましたが、自分自身では確実に語彙力、そして自分自身で英作する能力、さらにspeaking力もアップしたことを強く実感していま
す。でも、 TOEICは5年前と同じ800点なのです。つまり、本当にこのページの冒頭でもおっしゃってる800点まで達したら「他の英語能力向上へ進め」とい
う指針はものすごく共感できるのです。点数に出てこない英語の尺度は山ほどあるということを実感しましたし、現在、TOEICの点を上げるために何かし
ようという気持ちは全くありません。このページを読まれる方に、このことをお伝えしたくて、乱筆ですが、書かせて頂きました。 ちなみに、いいヒントを一
つ。SkyPerfecTVの250ch(BloomBergTV)の副音声に切り替えてみましょう。平日の夕方→朝までなんとニューヨークのラジオがそのまま聞けるのです。
僕はこれでヒアリング力を高めています。これを続けていると、CNNのアナウンサーのスピードがゆっくりに聞こえてきますよ。 
--------------------------------------------------------------------------------

こえみさま
こんにちは。TOEICで960点取っても映画は7〜80%くらい分かればいい方、スピーキングが流暢とも言えない。「でもこれ以上何をすればいいの?」
と思っていたところでたどり着いたのがこのページでした。「脱TOEICの道」を読んで、TOEICというもので自分の英語力を測ろうとしているのが間違い
だったんだな、ということに気付き目が覚めました。自分はボキャブラリー不足を痛感しています。難しい単語なんて全然知りません。リスニングで満点だ
ったのは多分、想像力が豊かなんだと思います。(^^; 管理人様が、「900点取ってもやっと入門者な感じ」というのは、本当にそうだと思いました。英語は
終わりなき道で苦しいですけど 
--------------------------------------------------------------------------------

せめてAクラスさまより
英語勉強歴 = 3年
TOEIC受験歴 = 3回
TOTALスコア = 815点
リスニング = 425点
リーディング = 390点
年齢 = 50代 
脱TOEICは860点から。せっかく800点に達したのに、後一気のTOEIC Aクラス860点を目指さないのは惜しいと思います。確かに800点以上取れば
それなりの実力は認めますが、仕事でも生活でもやや力不足では無いでしょうか。かく言う私も昨年1月に755点、そして9月に815点とやっと800点ク
ラスの仲間入りをしました。1月に比べ9月はリーディングだけが60点プラスとなり、実生活では一週間かけてやっと全紙に目を通していたジャパンタイ
ムスが、読みたいところだけなら2時間弱で読めるようになりました。815点の内訳はリスニング425点、リーディング390点、リーディングは大学入試
の文法と長文読解を集中的にやり、単語はALCの単語マラソンCD_ROMをレベル10までやりました。53才になっての独学受験、周りから800点は無理
じゃないと言われましたが、時間をかけてやれば出来ると確信しました。私は中国語の通訳をやっており、仕事や生活の語学力に就いては客観的な尺
度を持っていると思います。その尺度と今回の勉強で感じましたことは800点以上なら相当なものです。でも860点のAクラスも伊達に決めた訳ではな
いなと感じました。800点から860点は後60点です、TOEICでの弱点を意識した勉強を続けたら、記憶力の衰えた私でも9ヶ月で達成できました。折角
800点に達している訳だし、就職にも有利でしょうから、せめたAクラスになってから脱TOEICしては如何ですか。 

確かに、もし目標が実践英語力のUPそのものではなく、TOEICのスコアであれば、自己目標としてたとえば860点でもよいでしょうし、950点あるいは
990点でもよいでしょう。人によっては、社内基準をクリアする650点や700点を目標に置いているかもしれません。その基準さえクリアできれば、TOE
ICとおさらばで脱TOEICになる方は多いと思います。実際に、700点で社内基準をクリアし、会社から海外トレーニーや海外駐在員になった人は帰国
後敢えてTOEICは受けないものです。その人たちにとっては、TOEIC700点で既に脱TOEICです。 
あと、860点というバーですが、偶然の賜物かどうかわかりませんが、野球で言うならベース間の距離みたいなものであって、今のものより長くても短くて
も野球がおもしろくなかったと思います。730から800点までは比較的簡単ですが、800から860というのは非常に難関です。アンケートでもわかるよう
に、700点取得者と800点取得者では勉強に要した期間が2カ月間しか変わらないのに対し、850点取得するためにはさらに2年を要しているのです。
860を取るためには730から800になるまでのおそらく何倍もの時間が必要かと思われます。語彙数からいっても、統計によると800取得者と860取
得者では段違いの差があります。 


Please send me your mail. 
  • 名前(ペンネームOK)
  • 英語勉強歴
  • TOEIC受験歴
  • スコア(オプション)点、 リスニング点、リーディング
  • 年齢(オプション)
    10代 20代 30代 40代 50代

  • お便り
  • Eメールアドレス(ただし非公開)



TOEICへの道 Topページへもどる